2018年 大河ドラマ【西郷(せご)どん】西郷吉兵衛は風間杜夫だ!



幕末の英雄である西郷吉之助(鈴木亮平さん)は
誰もが知っている歴史上の人物です。

では、その父親は

なんという名前で、どういうことをやった人なのか
知っている人は少ないです。

西郷吉之助の父親はどういう人なのか
このドラマではそれを誰が演じるのか
それらのことをこれから紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク


偉大な西郷家の父、西郷吉兵衛(風間杜夫)

維新の英雄である西郷吉之助をはじめ、後の海軍元帥である西郷従道など
日本を動かす大物を育てた偉大な西郷家の父
それが西郷吉兵衛(風間杜夫さん)です。

 

この西郷吉兵衛は、由緒正しき薩摩藩士であり
勘定方小頭を務めた人物です。

彼は、子供たちほど出世したわけではありませんが
島津家の一つである日置島津家の御用人として
真面目に勤めていたことが記録に残っています。

 

薩摩藩の重臣である赤山靭負(沢村一樹さん)の
最後を看取った人物としても知られています。

 

その西郷吉兵衛を演じるのが、風間杜夫さんです。

 

この方は、非常に多彩な方として知られており
本業である俳優の他にも、声優や落語家もしています。

 

それ以外にも、雀士としても活動している方なので
麻雀系の番組に出てくることもあります。

 

このように、なんでも出来る風間さんですが、決して器用貧乏というわけではなく
俳優としての業績も他を圧倒しています。

 

特に、時代劇や歴史もののドラマに多数出演しており
昔日本テレビで放送していた年末時代劇スペシャルでは
浅野内匠頭、松平容保、木戸孝允など、主役級の役柄を演じています。

風間杜夫の大河ドラマ歴が凄い!

そんな風間さんは、当然大河ドラマにも出演経験があります。


スポンサーリンク


1974年に放映された勝海舟から、2013年に放映された八重の桜まで
なんと6作の大河ドラマにに出演しています。

(西郷どんも含めると7作品になります)

 

経験豊富な俳優でも、普通3~5作品しか大河ドラマに出れないことを考えると
風間さんの大河ドラマ歴がいかに凄いかがよく分かります。

 

では、その風間さんはこの作品で
どんな西郷吉兵衛を演じてくれるのでしょうか。

 

西郷吉兵衛という人物はあまり有名な人でないので、これは完全な想像になりますが
確かにこの人は、西郷吉之助の父親だと誰もが思えるような
そんな器の大きな父親になると思います。

 

吉之助や従道のように新政府の高官になった子供たちが、
地位とか実積とか、そんな小さな物を超えて尊敬できるような
立派で誠実な父親として描かれるのではないでしょうか。

 

西郷家の父親である西郷吉兵衛が
息子吉之助とどう幕末の荒波に立ち向かっていくのか
そこで吉兵衛が吉之助にどういう影響を与え、それが歴史にどう影響してくるのか
それが分かる来年の放送が、今から楽しみです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す