2018年 大河ドラマ【西郷(せご)どん】有村俊斎は高橋光臣に決定!



 
物語の主人公である西郷吉之助(鈴木亮平さん)の失脚や
生麦事件などに関わった薩摩藩士、それが有村俊斎(高橋光臣さん)です。

後に海江田信義と名乗るこの人は、いったいどんな人物なのか
そして有村俊斎を演じる高橋光臣さんがどんな人なのか
それをこれから紹介させて頂きます。
 

スポンサーリンク


有村俊斎を演じる高橋光臣

有村俊斎は、薩摩藩の藩内組織である
精忠組に属していた薩摩藩士の1人です。

 

この精忠組には西郷吉之助や大久保一蔵(瑛太さん)といった
薩摩の大物がいましたが、彼自身は薩摩の幹部でも重要人物でもありません。

なので、はっきり言ってしまうと有村俊斎は
西郷や大久保の同僚であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

西郷吉之助が藩主の不興を買い失脚した事件や、生麦事件に関わりはありますが
彼自身が歴史を動かすほどの何かをしたわけではありません。

 

では、まったく何もしなかった人なのかというと
そういうわけでもないので、その辺を考えると薩摩では有名でも無名でもない
中堅クラスのポジションだったといえます。

 

そんな有村俊斎を演じる高橋光臣さんは
轟轟戦隊ボウケンジャーという作品で
ボウケンレッド役を演じて一躍有名になった人です。

 

それをきっかけに色々なドラマに出演するようになり
その出演作リストは、今や50作品を超えています。

 

なので、演技力や芸歴の点では、実力十分の俳優だと言えるでしょう。

 

大河ドラマの出演経験はあまりないですが、それでも龍馬伝に出演経験があるので
そこまで心配する必要はないでしょう。


スポンサーリンク


戦隊ヒーローのような有村俊斎!?

では、そんな高橋光臣さんは
いったいどんな有村俊斎を演じてくれるのでしょうか。

 

この答えはもう1つしかありません。

 

まるで戦隊ヒーローのような、エネルギッシュな有村俊斎です。

 

もともと有村俊斎という人物は、直情的であまり忍耐力がないと言われている人なので
エネルギッシュな(しかし心のブレーキが効かない)人物として描かれる可能性が高いです。

 

戦隊ヒーローを演じてきた高橋さんの芸歴と歴史上の人物の性格
この2つの観点から考えると、そういう人物として描くのが一番自然です。

 

もちろん、冷静沈着なキャラにして描く方法もありますが
(その場合ギャップがあるキャラになると思います)
それをすると同僚である大久保一蔵とかぶってしまうので
そういうキャラ付けがされる可能性は低いでしょう。

 

西郷や大久保と違う個性をつけるという意味でも
まわりと比較して埋没しないキャラを作るという意味でも
迫力ある直情的な性格をした有村俊斎が出てくる可能性が高いです。

 

そんな彼がいったいどんな活躍を(あるいはミスを)してくれるのか
それが分かる2018年が、今から待ちきれません。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す