2018年 大河ドラマ【西郷(せご)どん】島津斉興には鹿賀丈史!



 
一般的にはあまり知名度がないですが
幕末の薩摩に大きな影響を与えた隠れた大物
それが島津斉興(鹿賀丈史さん)です。

幕末の薩摩に、そして西郷どんの主人公である
西郷吉之助(鈴木亮平さん)にも間接的に影響を与えたこの島津斉興とは
いったい何をした人物なのでしょうか。
 

スポンサーリンク


島津斉興は鹿賀丈史が演じる

島津斉興は、薩摩藩の10代目当主です。

 

幕末の薩摩家と言えば、斉興よりも、彼の二人の子供の方が有名ですが
この島津斉興も藩政改革をして、薩摩藩の国力を高めることに成功したので
一般の君主よりも優れた君主の一人だと言えます。

 

ですが、彼が藩主であった頃に
お由羅騒動というお家騒動を起こしてしまった上に
晩年に藩の政治を混乱させた君主でもあるので

君主としての評価は(それらのマイナスを計算に入れると)
可もなく不可もなくと言えるかもしれません。

少なくとも、斉興の功績は、彼の息子であり名君として有名な
島津斉彬(渡辺謙さん)を超えるほどではないでしょう。

 

西郷どんで、そんな島津斉興を演じてくれるのが鹿賀丈史さんです。

 

この鹿賀さんは、伝説的な番組である料理の鉄人で
美食アカデミーの主宰(司会者)を演じたのはあまりにも有名です。

 

「甦るがいい、アイアン・シェフ!」

 

の名ゼリフは、誰もが一度は聞いたことがあるセリフでしょう。

 

この鹿賀さんは、料理の鉄人の司会者であるだけでなく
俳優としても有名です。

 

では、その鹿賀さんは、今までどんなドラマに出ていたのでしょうか。

鹿賀丈史は島津斉興をどう演じる?

鹿賀さんが出ていたドラマや映画は
数え切れないほどたくさんありますが
その中でも特に有名なのが、1993年に放映された
「振り返れば奴がいる」です。


スポンサーリンク


この他にも、静かなるドンや世にも奇妙な物語などの
名作ドラマに出演しています。

 

NHKドラマとも縁がある人で、黄金の日日、徳川家康、翔ぶが如くと
3本の大河ドラマに出演しています。

 

その中でも、徳川家康では石田三成、翔ぶが如くでは大久保利通と
主役と大きな関わりがある人物を2回も演じているので
歴史ドラマでの演技力は十分だと言えるでしょう。

 

では、その鹿賀さんは、西郷どんで
どんな島津斉興役を演じてくれるのでしょうか。

 

これは、もう一つしかないでしょう。

 

西郷吉之助やその師匠ともいえる島津斉彬を
上から押さえつけてくる、敵役としての島津斉興です。

 

歴史でも、西郷吉之助は島津斉興に足を引っ張られているので
仲間キャラ、味方キャラとして斉興が描かれるのは考えにくいです。

 

なので、上から有望な若者を押さえつけてくる
困った老人キャラとして描かれるのではないでしょうか。

 

そんな斉興が、どうやって西郷を上から押さえつけてくるのか
それが分かる来年の放送が今から待ち遠しいです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す