2018年 大河ドラマ【西郷(せご)どん】大山格之助は北村有起哉だ!



 
幕末の薩摩と言えば、西郷吉之助(鈴木亮平さん)
大久保利通(瑛太さん)が有名ですが
薩摩はその2人だけで、もっていたわけではありません。

西郷、大久保の同僚である大山格之助(北村有起哉さん)も
薩摩を支える大きな柱でした。

西郷どんでは、その大山格之助を北村有起哉さんが演じます。
 

スポンサーリンク


大山格之助を演じる北村有起哉

北村有起哉さんは、若いころから俳優を志し
俳優養成所などで勉強をして来た
俳優界のサラブレットと言える存在です。

 

北村さんの両親も俳優なので
まさに役を演じるために生まれて来た人だと言えます。

この人の芸歴の特徴は、数え切れないほど
多くの舞台に出演して来たことです。

 

まず舞台で経験を積み、そこからテレビドラマや映画に進出してきた人なので
演技力が非常に高いです。

 

実力派がそろう演劇界で、実力を磨いて来ただけのことはあります。

 

そんな北村さんは、長州ファイブや半次郎など
幕末を描いた映画にメインクラスの役で出演しているだけでなく
「義経」「江~姫たちの戦国」「八重の桜」と
すでに3本の大河ドラマに出演しています。

 

特に江と八重の桜では、豊臣秀次、秋月悌次郎と
かなり有名な人物を演じているので、大河ドラマの俳優として考えると
申し分のない芸歴だと言えるでしょう。

 

では、そんな北村有起哉さんは、この西郷どんで
どんな大山格之助を演じてくれるのでしょうか。

 

これは予測になりますが、地味でも役に立つ
縁の下の力持ち的なキャラとして、大山格之助を演じてくれると思います。

大山格之助ってどんな人物?

なぜ縁の下の力持ち的なキャラを演じると思ったのか
その理由は単純です。


スポンサーリンク


このドラマが、幕末時代の薩摩を中心にした大河ドラマだからです。

 

幕末、薩摩と言えば、まず思い出すのが西郷吉之助と大久保利通です。

 

他にも当時の薩摩には、有名人が何人もいますが
その中に大山格之助は入っていません。

 

その意味で、この人はややマイナーな歴史上の人物だと言えます。

 

そんな大山格之助が、西郷や大久保より目立ってしまってはまずいので
一歩後ろに下がりながら主役である西郷を支える
そんなタイプのキャラとして描かれる可能性が高いです。

 

もちろん、この予測がはずれて
西郷、大久保なみに目立つ大山格之助が出てくるかもしれません。

 

この人は剣の達人だったと伝えられているので
西郷がピンチになった時、剣をふるいながら助けにくるシーンがあっても
おかしくありません。

 

ですが、歴史上大山格之助がどんな人物だったかを考えると
派手系ではなく、地味系のキャラとして出てくる可能性が高いです。

 

地味だけど役に立ついぶし銀のキャラ、ものすごく強い剣豪キャラ
どちらのパターンで出てくるにしても
きっと魅力的な人物として登場してくれることでしょう。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す