2018年 大河ドラマ【西郷(せご)どん】由羅(ゆら)役に小柳ルミ子!



 
幕末の薩摩に大きな影響を及ぼしたお家騒動
それがお由羅騒動です。

そのお由羅騒動の語源になったのが
薩摩藩主の側室である由羅(小柳ルミ子さん)です。

ではこの由羅とはいったいどういう人物で
西郷どんでどのような役回りを演じるのでしょうか。
 

スポンサーリンク


由羅(ゆら)を演じる小柳ルミ子

当時の薩摩藩主である島津斉興(鹿賀丈史さん)が愛した側室
それが由羅です。

 

由羅自身は、何か大きなことを成し遂げたわけではないのですが
この由羅と島津斉興が結託して、本来後継者になるはずの嫡男
島津斉彬(渡辺謙さん)を排除しようとした結果

薩摩藩が斉興派と斉彬派に分かれることになり
お由羅騒動というお家騒動が起こりました。

この西郷家にも関わってくるお家騒動を起こした張本人である由羅を
西郷どんでは、小柳ルミ子さんが演じます。

 

日本人なら誰もが知っている小柳ルミ子さんは
色々なことをこなすことが出来る、非常に多彩な人として知られています。

 

西郷どんで重要人物を演じることでも分かるように
彼女は女優として有名ですが、それ以上に歌手として実績があります。

 

年末に行われる紅白歌会戦にも18回出場した小柳さんは
歌謡界の大御所といっても過言ではないでしょう。

 

そんな小柳さんは、NHK朝の連続ドラマに2回
大河ドラマに1回出演しています。

 

民放のドラマには数えきれないほどの出演歴があることを考えると
歌手としてだけでなく、女優としての風格も十分だと言えるでしょう。

由羅(ゆら)をどのように演じる?

先に述べたように、小柳さんは非常に多芸な華のある方です。


スポンサーリンク


そんな小柳さんが、いったいどのような由羅を演じてくれるのでしょうか。

 

これは二通りのパターンが考えられます。

 

一つめのパターンは、いわゆる悪女です。

 

あまり優秀でない殿様をうまく魅了し、自分の子供を後継者にさせる
そのためなら、どれだけ犠牲が出ようがどうでもいいと考えている
時代劇に悪役として出て来そうなタイプの女性です。

 

物語の主人公である西郷吉之助(鈴木亮平さん)が
島津斉彬と親しいことを考えると、斉彬の敵である由羅は
悪役として出てくる可能性の方が高いと言えます。

 

この悪役パターンが本命のパターンだとすると
もう一つのパターンは、悲劇の女性です。

 

人が死ぬような事件は起こしたくないし
なるべく平和に生きたいと思っているけど
周りの人間が色々気を回したり忖度した結果

大変な事態を引き起こしてしまい、その重圧に苦しめられているという

 

時代劇に出てくるような悪の由羅が出てくるのか
どこか陰のある悲しみの由羅が出てくるのか
その答えが分かる、来年の放送が今から楽しみです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す