武家が民衆から搾取!?【おんな城主 直虎第21回 ぬしの名は】の感想


 
今回のおんな城主 直虎は、井伊直虎(柴咲コウさん)が
武家は俺たち民衆から年貢などを取るだけの泥棒じゃないか
という民衆の抗議に、自分なりの答えを出す回となっています。

彼女はこの難題に、どういう答えを出すのでしょうか。
 

スポンサーリンク


井伊直虎(柴咲コウ)が盗賊団に捕まった!?

今回の物語は、気賀の街で直虎が
物見遊山をするところから始まります。

 

商人との商談を終えて町を見て回る直虎の前に
スリが現れ、直虎の財布を盗んで去っていってしまいます。

 

これを追った直虎は、このスリを捕まえるどころか、逆に捕まってしまい
それを知った井伊家の者は大騒ぎになります。

どうしたらいいのかパニックを起こしている井伊家家中の前に
直虎をさらった盗賊団から、身代金要求の報告が飛び込んで来ます。

 

小野政次(高橋一生さん)が

「金を払うといって、それを受け取りにきた奴を引っ捕えて
情報を聞き出したらどうか」

と策を出したので、その策をベースにして
井伊家の人々は直虎を救出しようとします。

 

そのころ直虎は、盗賊団の元からなんとか自力で脱出を試みますが上手くいかず
結局、井伊家の家臣たちに助けられることになります。

 

なんとか脱出に成功した直虎は、盗賊団の頭である
龍雲丸(柳楽優弥さん)からぶつけられた、
武家も泥棒みたいなものじゃないかという言葉を受け止めて考えます。

 

そして直虎は、その問いに対し自分なりの答えを出し
その答えを龍雲丸にぶつけるところで、今回のおんな城主直虎は終わります。

武家は民衆から搾取しているだけ…

今回の見どころは、直虎と龍雲丸との論戦です。


スポンサーリンク


お前らは泥棒じゃないか、こんなことはするなという直虎に対し
武家なんて泥棒と変わらないじゃないか
(俺たち民衆から搾取しているだけじゃないか)と龍雲丸は返します。

 

これは、結講重い問いです。

 

なぜなら、井伊家が領土を統治しているのは
あくまで国の偉い人が決めたことであり
龍雲丸のような民衆にとっては関係のない話だからです。

 

それは一理あると考えた直虎は、じゃあ泥棒と思われないような行いをするから
(お前らが盗賊などしなくても食べていける環境を作るから)
お前らも力を貸してくれと迫ります。

 

その結果、今まで武家は俺たちから物や金を取るだけじゃないか
と攻められる側であった直虎が、今度は

「こっちは答えを出したぞ、お前らはそれにどう答えるんだ」

と相手に迫る立場になったわけです。

 

その後、お互い協力して材木輸出で稼いでいこうという話になったのですが
敵を倒して領地を拡張するという従来の大河ドラマと違い
問題点をお互い話し合って、なんとか上手くやっていこうとするところが
このドラマの個性だと言えるでしょう。

 

そんな直虎が、この先降りかかってくる難題にどう立ち向かっていくのか
次回のおんな城主 直虎も楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第22回「虎と龍」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第22回「虎と龍」の予告編

 

※第21回「ぬしの名は」の視聴率(関東地方)は13.2%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す