真田丸ゆかりの戦い【長篠の戦い】火を噴いた織田軍の三段撃ち

 
長篠の戦いは、長篠城をめぐり
織田・徳川の連合軍と
武田軍が合いまみえた大合戦です。

1575年5月、設楽原で
繰り広げられたこの合戦は
これまでの合戦の様相を変え
鉄砲の威力が雌雄を決します。

信玄没後、三河へと
食指を伸ばした勝頼に
信長と家康、そして
鉄砲が火を噴きました。
 

「真田丸ゆかりの戦い【長篠の戦い】火を噴いた織田軍の三段撃ち」の続きを読む…

真田丸ゆかりの合戦【川中島の戦い】信玄・謙信両雄一騎討ち

 
「越後の龍」「甲斐の虎」

戦国時代の英傑の中でも
もっとも有名なライバル関係が
上杉謙信と武田信玄です。

両雄が激突した川中島の戦い
みなさん一度は
耳にしたことがあると思います。

計五回もの戦いに及んだ
この戦いをみていきましょう。
 

「真田丸ゆかりの合戦【川中島の戦い】信玄・謙信両雄一騎討ち」の続きを読む…

真田丸ゆかりの地【砥石城】と武田信玄を破った男・村上義清

 
砥石城は信濃国にあった山城です。
真田昌幸の父・幸隆が
築城にあたったと言われる城です。

この城を長く所有していたのは、
信濃の豪族・村上義清です。

後に真田昌幸も城主となる
この砥石城は、信濃方面侵攻の
重要拠点として、武田信玄が
執拗に狙った城でもあります。
 

「真田丸ゆかりの地【砥石城】と武田信玄を破った男・村上義清」の続きを読む…

真田丸ゆかりの地【清洲城】の歴史と秀吉の天下を決めた清州会議

 
清洲城は、尾張のおよそ中心に
築かれた平城です。

織田家が長らく
所有していたことでも有名です。

桶狭間の戦いの折
信長はこの城から出陣し
天下取りへのスタートを
決めました。

歴史の中で大きな
舞台となった清洲城
その今と昔を
見ていきたいと思います。
 

「真田丸ゆかりの地【清洲城】の歴史と秀吉の天下を決めた清州会議」の続きを読む…

真田丸ゆかりの地【安居神社】夕陽が美しい夕陽丘・幸村最期の地

 
大阪夏の陣で散った真田信繁。

彼の最期の地が
大阪の夕陽丘という地区で
安居神社が、その力尽きた場所
と言われています。

夕陽がきれいな名所として名高い
夕陽丘や「さなだ松」と呼ばれる
信繁が力尽きたとされる松の木は
信繁ファンが多く訪れている
人気の観光場所となっています。
 

「真田丸ゆかりの地【安居神社】夕陽が美しい夕陽丘・幸村最期の地」の続きを読む…

真田丸ゆかりの地【沼田城】昌幸・信繁を感心させた小松姫の言動

 
1532年、沼田顕泰が築城した
沼田城は、標高400メートルの
河岸段丘の上にそびえたつ丘城です。

沼田城は北関東方面の要所として
上杉家、武田家、北条家が
激しく争奪戦を繰り広げました。

本能寺の変後は
真田昌幸がこの城を支配し
後に嫡男・信幸が
城主となります。
 

「真田丸ゆかりの地【沼田城】昌幸・信繁を感心させた小松姫の言動」の続きを読む…

真田丸ゆかりの地【厩橋城】の歴史と織田家四天王・滝川一益

 
群馬県は利根川沿いに
そびえ立っていた厩橋城。

室町時代に長野氏が
箕輪城の支城として築いたのが
はじめとされています。

やんちゃな利根川の暴走に
何度と崩壊を繰り返しますが
ある時の氾濫を機に
利根川が本流の方向を変えたため
以後は落ち着きを取り戻します。

そんな城の歴史を見ていきましょう。
 

「真田丸ゆかりの地【厩橋城】の歴史と織田家四天王・滝川一益」の続きを読む…