三浦春馬と高橋一生【無念の決別…】おんな城主 直虎第11回の感想!


 
今回のおんな城主 直虎は、桶狭間の戦い以降
押されっぱなしだった今川家が逆襲に出る回です。

次から次へと内通者が続出し、内部崩壊しつつある今川家が
いったいどのような逆襲に出るのでしょうか。

そしてそれが、井伊家にどんな影響をもたらすのでしょうか。
 

スポンサーリンク


井伊家と松平家が急接

今回のおんな城主 直虎は、次郎法師(柴咲コウさん)の友人である瀬名(菜々緒さん)が
絶対絶命の窮地に追い込まれたところから始まります。

 

さすがの次郎法師も万策尽き、これはもうだめかと思われたところで
松平家の使いがやって来ます。

 

その使いが人質交換を要求して来たことで、今川家も大切な人質である瀬名を殺せなくなり
瀬名と次郎法師は、なんとか窮地を脱することに成功しました。

 

その後、この件(井伊家のものが松平家のものを救ったこと)をきっかけに
井伊家と松平家が急接近していきます。

松平元康(阿部サダヲさん)は、鷹狩りに行くという口実で
井伊直親(三浦春馬さん)に呼びだしをかけ、その席上で

「妻を救ってくれた井伊家のためなら何でもする」

と、猛烈なプッシュを受けたので、直親は松平家に心をよせていきます。

 

しかし、これが後に大変なことを招きます。

 

井伊谷に帰ってきた直親は、友人であり井伊家の重臣でもある
小野政次(高橋一生さん)に話を通すなど着々と根回しをし
松平家への内通の準備を進めていきますが、あることが判明し
その前提が崩れてしまいます。

 

なんと、直親を口説いた元康は、今川家が仕立てた影武者だったのです。

 

井伊家に内通の動きがあることを知った今川家は、小野政次を呼び
今川家につくか、別の道を歩むのか(ここで死ぬか)選べと脅迫して味方につけると
次に直親を呼び出します。

 

そして、ついに破局の日がやってくるのです…

小野政次との決別

今回の見所は、まるで時代劇のように見事な今川家の動きと
それに翻弄される井伊家の人々です。


スポンサーリンク


影武者を使って直親の本心を見極めた後
いきなり直親を呼ばずに、ある程度今川寄りである政次を呼び
お前の主君は裏切り者だが、お前自身はどうなのだとゆさぶりをかける様は
没落しつつある家のやる事とは思えないほど鮮やかです。

 

政次が

「もうこれは今川につくしかない」

と思うのも無理もありません。

 

この不意打ちにより、井伊家は致命的に不利な立場に立たされますが
これはもう、今川家が上手だったと思うしかありません。

 

本来なら、相手に呼び出されるという形ではなく
井伊家の側から改めてコンタクトを取るべきだったのでしょうが
次郎法師が瀬名を助けようとしたということを考えると
(つまり松平家は井伊家に借りがある立場なので)
直親が疑いを持たずに、会見の場に出向いたのを責めるわけにもいきません。

 

と、ここまで考えると、次郎法師が瀬名を助けようとしたのが間違いだったとも取れますが
友人を助けようとした次郎法師が悪いわけでもありません。

 

誰が悪いわけでもないけど、こういう結果になることもある
これが戦国の怖さというやつなのでしょう。

 

桶狭間の時に続き、再び破局がやってくる井伊家をいったいどうやって立て直すのか
今から次回のおんな城主直虎が楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第12回「おんな城主 直虎」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第12回「おんな城主 直虎」の予告編

 

※第11回「さらば愛しき人よ」の視聴率(関東地方)は13.7%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す