もし西郷隆盛が下野してなかったら…その後の明治政府はどうなった!?



 
維新の英雄である西郷隆盛が、最後まで明治政府と行動を共にせず
途中で官職を辞して下野したことは有名な話です。

その後、西郷とそれを支持する人々は西南戦争を起こして敗れるわけですが
もし、西郷が下野せず明治政府に残っていたら…

歴史はどう変わっていたでしょうか。
 

スポンサーリンク


西郷が下野しなくても歴史は変わらなかった!?

結論から言うと、もし西郷が下野しなくても
韓国や台湾などの海外に進出し、列強の一つにのし上がり
そして太平洋戦争に負けて滅びるという
大日本帝国のおおまかな歴史は変わらなかったと思います。

西郷が明治政府と決裂した最大の理由は
征韓論が受け入れられなかったからと言われていますが
(明治維新により失業してしまったかつての武士階級の不満を外にそらすために
韓国を攻めたり、軍事的圧力をかけるという考えです)

結局、日本は韓国を併合したことを考えると(征韓論を実行したということを考えると)
西郷が政府の実力者として残っていようがいまいが
その辺の歴史は変わらなかったでしょう。

 

西郷が残っていたら韓国併合のペースが少し早まっていたかもしれませんが
外交的には、それくらいの影響しかなかったと思われます。

 

では、西郷が下野していようがいまいが
日本という国に何の影響もなかったのかと言われると
そういうわけではありません。

 

なぜなら、西郷が下野しなかった場合
明治政府を揺るがした一大事件が起こらなくなるからです。

 

この事件とは、もちろん日本最後の内戦である西南戦争のことですが
この西南戦争が起こらなかったら、その後の日本はどう変わっていたのでしょうか。

西郷隆盛が下野しなければ西南戦争は起こらなかった!?

西南戦争は、九州の南半分を戦場にした大規模な内戦です。

それまでの(明治維新後の)日本でも、維新に不満を持っている旧武士階級が
神風連の乱や秋月の乱などの、小規模な武力蜂起をしていましたが
ここまで大規模な蜂起は起きませんでした。

 

自分たちを失業させた明治政府を転覆させてやりたいが、新政府にはとても勝てない
せめて大量の旧士族(武士階級)を動員出来る大物が立ちあがってくれたら
新政府に一矢報いることが出来るのに…

 

そう大勢の旧士族が考えている最中、西郷軍が立ち上がったので
この戦争は、現体制に不満を持っている旧士族と
維新政府軍との最終決戦という様相を呈することになりました。

 

そこで西郷軍は善戦しますが、最後は破れて散ってしまったわけですが
この戦争が、旧士族たちの考えに大きな影響を与えることになります。

 

その影響は、現状を受け入れ、諦めるという影響です。

 

西郷隆盛という明治維新の英雄が
これだけ大勢の人間を動員しても明治新政府を倒せなかった。

 

これはもうどうしようもない、新政府を武力で倒すことは出来ないのだ。

 

そういうふうに、旧士族たちが現実を受け入れるようになったのです。

 

現に、西南戦争以後、旧士族たちは武力蜂起を起こしていません。

 

旧士族たちが武力で世の中を変えることを諦めることになった戦争
それが西南戦争の歴史的な意義ですが、西郷が下野しなければ
この戦争は起こらなかったでしょう。

 

その場合、この日本はどう変わっていたでしょうか。


スポンサーリンク


太平洋戦争は起こらなかったかも…

西南戦争が起こらなければ、武力で世の中を変えるという考えを
旧士族が持ち続けることになったでしょう。

 

そうなると、日本国内で反乱やテロが頻発するようになります。

 

西南戦争でも倒せなかった明治政府が
その程度の攻撃で転覆するとは思えませんが、この手のテロや反乱が
明治政府の体力をじわじわと奪うことは十分に考えられます。

 

その結果、史実よりも明治政府が不安定になることでしょう。

 

これがどう影響するのかは(歴史にもしもはないので)なんとも言えないところですが
おそらく、史実より大日本帝国は弱体化すると思います。

多少弱体化しても、外国と戦争をすることは出来るので
帝国の歴史にそこまでの影響はないと思いますが
もし、時の指導者が

「これだけ弱っている帝国ではアメリカと戦争などとても出来ない」
「どれだけ屈辱を被ることになっても戦争は避けなければ」

と考えたら、その後の歴史は大きく変わることになります。

 

そう考えると、西郷が下野してしまったのは
歴史的な損失ということになります。

 

実際のところ、西南戦争が起こらなかったという原因が
太平洋戦争回避という結果につながる可能性は低いですが
もしかしたら、そういうことになっていたかもしれません。

 

西郷が下野しなかった結果、内戦を回避した日本の将来というのは面白いテーマなので
みなさんも一度、歴史のもしもを考えてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す