困った立場の高橋一生!?【おんな城主 直虎第7回】渾身の感想



 
今回のおんな城主 直虎は、検地がテーマになっています。

検地といえば、田の石高を調べるだけの地味なものですが
戦国の世において、石高というものは(戦時の動員兵力などに影響するので)
非常に重要なものです。

その検地が、苦しい立場にある井伊家に
いったいどんな影響をあたえるのでしょうか。
 

スポンサーリンク


隠し里を隠す小野政次(高橋一生)

おんな城主 直虎第7回は、井伊家の使者と
今川義元(春風亭昇太さん)が面会する場面から始まります。

 

このやりとりで今川方は、謀反人の子である
井伊直親(三浦春馬さん)の帰参を認める代わりに
井伊家の領土を検地させろと要求して来ます。

 

検地されるということは、領土を隅から隅まで調べられるということなので
当然、井伊家は嫌がります。
(井伊家には、今川家には報告していない隠し里があるのでなおさらです)

なので、井伊家は今川家に対し、隠し里の存在を隠ぺいすることを決意しますが
その結果、小野家は困った立場に追い込まれます。

 

小野家の当主である、小野政次(高橋一生さん)は
井伊家の家臣なので、当然、井伊家の隠し里のことを知っています。

 

なので、親今川である政次は
このことを今川に報告しないといけないのですが

直親がその前に

「この件に関してはお前に任せる」

と、釘を刺しておいたこともあり
政次は、しらを切り通すことを決意します。
(けど、まさか井伊家に楯突くようなことはしないよね)

 

その後、運命の検地が始まり、肝を冷やすようなことも起こりますが
なんとか誤魔化しに成功したところで、次回に続きます。

井伊家と小野家のぎすぎす感

今回の見どころは、仲のよかった三人組が
二人と一人に別れて行くところです。


スポンサーリンク


井伊家安泰を考える次郎法師(柴咲コウさん)、直親グループと
政次との間に、何かぎすぎすしたものが生まれて来ます。

 

井伊家グループと、親今川である小野家グループでは
立場が違いすぎることもあり、共同歩調を取ることが難しくなって来たのです。

 

何の立場もなかった子供のころとは違う、今の微妙な関係がこの先どうなっていくのか
これは最後までこの物語を見ないと分かりませんが
この、どこか暗さのある友情こそ、おんな城主直虎の見どころだと言えるでしょう。

 

その、二人の微妙な友情を陰の見どころとするなら
物語にちらちら出てくる竹千代(阿部サダヲさん)は
陽の見どころです。

 

このおんな城主 直虎では、後の天下人が
どこか妙なところのある変人として描かれており、彼が出てくるだけで
物語のあちこちにある、ぎすぎす感がだいぶ緩和されます。

 

彼は、後に井伊家の主君になる人なので
これからさらに出番があると思いますが
この竹千代がどんな徳川家康になるのか、今から楽しみです。

 

どこか微妙な関係になった三人が、いったいどこまで持ちこたえるのか
そして竹千代が、将来どんな活躍をしてくれるのか
次回のおんな城主 直虎も楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第7回「検地がやってきた」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第8回「赤ちゃんはまだか」の予告編

 

※第7回「検地がやってきた」の視聴率(関東地方)は12.9%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す