おんな城主 直虎【第18回 あるいは裏切りという名の鶴】本心の感想


 
今回のおんな城主 直虎は、タイトル通り裏切りがテーマになってきます。

井伊家を裏切り続ける小野政次(高橋一生さん)が
本当のところ何を考えているのか
彼は井伊家の忠臣なのか、それとも本当に裏切り者なのか
その微妙な本心が分かる回になっています。
 

スポンサーリンク


小野政次(高橋一生)は井伊家を乗っとる気があるのか?

今回のおんな城主直虎は、小野政次が
種子島を持って現れるところから始まります。

 

こんな物を密かに作っているということは、今川家へ謀反を企んでいるのではないか
それを今川家に報告されたくなければ、今すぐ後見の地位を譲るようにと
政次が井伊直虎(柴咲コウさん)を脅して来ます。

これを言いつけられてはどうにもならないので
直虎はこの脅迫に屈し、報告のため駿府に向かうことになります。

 

ところが、この状況を見た瀬戸方久(ムロツヨシさん)が、駿府に先回りし
これは直虎の命令だと言って
作りかけの種子島を今川家に売りつけてしまいます。

 

その結果、井伊家が種子島を作っていたのは今川家に買ってもらうためであり
自分の家で所有するためではない(謀反するために武器を作っていたのではない)
ということになり、政次の脅しが成立しなくなりました。

 

用事がなくなったので、駿府に帰った直虎は
ここで一つのことに気がつきます。

 

それは(井伊家を乗っとることが目的にしては)
政次の行動がおかしいということです。

 

もしかしたら政次は、直虎とは別のやり方で
井伊家を守ろうとしているのではないか
そう思った直虎は、政次と直に話をします。

 

お互いが腹を割って話し合ったところで
今回のおんな城主直虎は終わります。

小野政次(高橋一生)の本心

今回のおんな城主直虎の見どころは
今まで謎であった政次の本心が分かるシーンと
直虎と政次が、腹を割って話し合うシーンです。


スポンサーリンク


特に、作中で政次が墓の前で本心を語るシーンは必見です。

 

「このままだと危うくなるからその前に下がれ
そう夢枕に立って言ってくれないか、亀」

 
誰も見ていないと思っている政次は、本心を吐露します。

 

彼は、井伊家を乗っとって自分が権力を握ろうとしているのではなく
自分が井伊家のトップになることで
井伊家と直虎を両方守ろうとしていたわけです。

 

それをこっそり聞いた直虎は、政次に対し
お前なら井伊家をどうやって守るのかと問います。

 

そこで政次は

「ひたすら上手く立ち回って戦いそのものを回避して、井伊家を守る」

と答えます。

今まで直虎は、どうやったら力をつけて井伊家を守ることが出来るか
言いかえると、どうすれば井伊家を強く出来るかということを考えて来ました。

 

それに対し政次は、戦いそのものを避けるという
直虎が考えなかったことを答えとして来たのです。

 

この答えの違いに、両者の性格の違いが出ていて実に面白いです。

 

戦いに備えて力をつけるのか、それとも、うまく立ち回ることで
戦いそのものを避けて生き延びるのか、ぞれが分かる
次回以降のおんな城主直虎、必見と言えるでしょう。

 

※次回のおんな城主 直虎 第19回「罪と罰」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第19回「罪と罰」の予告編

 

※第18回「あるいは裏切りという名の鶴」の視聴率(関東地方)は14.3%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す