大河ドラマおんな城主 直虎第3回【おとわ危機一髪】の感想と期待



 
おんな城主 直虎、第3回の感想を書かせていただきます。

今回は、(嫌いではないにせよ)好きでもない相手と
結婚することを強要されたおとわ(直虎)が
難問に対して答えを出す回です。

その第3回の簡単なあらすじと感想を、ここに書かせていただきます。
 

スポンサーリンク


おとわの出家と人質

おとわが、いきなり髪を切って出家宣言する。

 

そんなインパクトあるシーンから、この回は始まります。

蹴鞠

結婚するくらいなら出家すると息巻くおとわに対し
どうしても結婚が嫌なら人質として駿府に来い
と今川家は返答します。

 

大切な娘を人質として出せとはふざけてるのか
井伊家の人々は激怒しますが、今川家に楯突いたら潰されてしまうので
止むを得ず、彼らはおとわを駿府に送ることにします。

 

そこで駿府に送られたおとわは、井伊家の一族である佐名をはじめ
色々な人に出会いながら、人質としての生活を始めることになります。

 

一方その頃、井伊家の一部が小野家の嫡男である鶴丸をさらい
小野家を脅そうとします。

(そして小野家から今川家に話をさせておとわを返してもらおうとしますが)

小野家の当主は、鶴丸より弟をかわいがっており
鶴丸は、人質として用をなさないということが判明するだけで終わります。

 

その後、龍王丸(後の今川氏真)とおとわが
蹴鞠で一騎打ちするという衝撃的なシーンが始まりますが
この戦いにおとわが勝ち、戦いに勝った褒美として
家への帰還を勝ち取るところで、この回は終わりを迎えます。

蹴鞠で褒美を勝ち取るおとわ

今回の見所は、おとわが龍王丸と蹴鞠で戦うシーン
これにつきるでしょう。


スポンサーリンク


蹴鞠のプロである龍王丸に、素人のおとわが勝てるわけがないのですが
それでもおとわは、勝ったら褒美をもらえるという言葉を信じて
龍王丸に何度でも、何度でも立ち向かっていきます。

 

普通なら二、三回負けたら諦めるものですが、何十回負けても
「もう一回」と蹴鞠のプロに立ち向かっていき
ついに褒美を勝ち取ったおとわの精神は、物語のヒロインというより
戦国武将(あるいは少年漫画の主人公)そのものです。

 

このエピソードは、おとわが当主をそばで支えるとか
そういうサポート型の気質ではなく、自分で前に出て
人々を引っ張っていくという気質だということが
よくわかるエピソードでした。

 

こんなに小さい女の子なのに、根性と知恵で
自分の身に降りかかってくる理不尽を吹き飛ばす
そういう、色々なものを引っくり返していくところが
このドラマの魅力だと思います。

 

これは、2016年の大河ドラマである真田丸とは
また違った魅力です。

 

この、少年漫画の主人公のようなおとわ(直虎)が
これから先何を引っくり返してくれるのか
それを見るのが、今から楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第4回「女子にこそあれ次郎法師」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第4回「女子にこそあれ次郎法師」の予告編

 

※第3回「おとわ危機一髪」の視聴率(関東地方)は14.3%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す