大河ドラマおんな城主 直虎第5回【初恋の別れ道】の感想はこうだ!


 
おんな城主 直虎第5回は「初恋の別れ道」というタイトル通り
次郎法師(おとわ)の初恋に、一つの決着がつく回です。

難しい状況に追い込まれている次郎法師と亀之丞は
この恋に対して、果たしてどのような答えを出すのでしょうか。
 

スポンサーリンク


亀之丞の元服

今回のおんな城主 直虎は、亀之丞が元服して
井伊直親になるところから始まります。

 

直親は、さっさと次郎法師に還俗してもらって
二人仲良く夫婦になりたいのですが
昔、今川家と取り交わした

「次郎法師が出家するかわりに井伊家の領土を安堵する」

という約束が、足を引っ張って来ます。

いっそ約束を忘れたふりをして、強引に次郎法師を還俗させようか
という話もありましたが、あまりにリスクがありすぎるので
この話は立ち消えとなります。

 

この状況を引っくり返すため
直親は次郎法師に(名目上)死んでもらおうとします。

 

つまり、次郎法師が死んだ後、どこかから現れた
謎の人物と直親が添い遂げようということです。

 

さすがに井伊谷の中で夫婦として住むわけにはいきませんが
次郎法師にどこか少し離れたところに住んでもらえば、
なんとか周囲の目を誤魔化すことが出来るというわけです。

 

直親が出したこの提案に、次郎法師は心底悩みますが
自分がここで死んでしまうのは、井伊家のためにならないし
私は次郎法師として生きて行きたい、そう彼女は考えます。

 

そして、直親と次郎法師が別の道を歩もうとするところで
この回は終わります。


スポンサーリンク


ままならない直親と次郎法師

今回のおんな城主 直虎の見所は
直親と次郎法師の、ままならない関係です。

 

二人がお互い好意を持っているのは間違いないのですから
お互い結婚してしまえばいいのですが、家の安泰や主家との関係など
戦国時代のしがらみがそれを邪魔して来ます。

 

それでも今川家と井伊家の風通しが良ければ
直親が当主になるついでに、次郎法師の還俗を認めてもらい
それで話が終わるのですが、この両家の風通しが悪いので
それも難しいです。

(仮に今川家が井伊家の頼みを聞いてくれたとしても
後で倍返しさせられるのは目に見えています。
なので、うかつに物を頼むことが出来ません。)

 

この辺のしがらみとままならなさを楽しむのが
大河ドラマの醍醐味だと言えるのですが、それでも
もう少ししなんとかならないのかな、と思ってしまいます。

 

そのままならなさを引っくり返そうと奇策を練る直親と
そのままならなさを受け入れながらも
その中で最善を尽くそうとする次郎法師

その二人が、この先手を取り合って、どう井伊家を導いていくのか
それが分かる次回のおんな城主 直虎が楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第7回「検地がやってきた」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第7回「検地がやってきた」の予告編

 

※第6回「初恋の別れ道」の視聴率(関東地方)は14.5%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す