おんな城主 直虎【寿桂尼に配役されたのは?】浅丘ルリ子だ!



 
おんな城主直虎は、戦国時代の女傑井伊直虎の物語ですが
この時代の駿河には、井伊直虎の先輩格にあたる女傑がいます。

それが、今川義元の母親である寿桂尼です。

この寿桂尼は、女戦国大名とも呼ばれた女性で
大国である今川家の大宰相でした。
(息子が大きくなるまでの数年間は
今川家の当主代理も兼ねていました)
 

スポンサーリンク


今川家を支えた寿桂尼

彼女がいなければ、今川家が
ここまで大きくなることもなかったでしょう。

 

家を支える当主格の女性という意味で
今川家を支えた女戦国大名寿桂尼と
井伊家を支えたおんな城主 井伊直虎は
同じカテゴリーに属すると言えます。

 

おんな城主直虎では、その寿桂尼を浅丘ルリ子さんが演じます。

寿桂尼

この方は、数え切れないほどの映画やドラマに出演した名女優で
竜馬がゆくや花神など、歴史に残る名作大河ドラマにも出演経験があります。

 

近年の大河ドラマには出演歴がありませんが
これだけの経験がある大女優ですから
近年の大河ドラマの作風にもすぐに適応して
素晴らしい演技をされることでしょう。

 

その点で、何の問題もない人選だと思います。

寿桂尼と井伊直虎

そんな浅丘ルリ子さん演じる寿桂尼が、このドラマでどのような活躍をするか
それは正直言って分りません。


スポンサーリンク


なぜなら、この寿桂尼と井伊直虎
歴史上あまり関わりがなかったからです。

 

寿桂尼はこの当時の人としては珍しく、かなり長生きしているので
一応、この2人の生きていた時代は重なっているのですが
個人として、2人がかかわることはありませんでした。

 

なので歴史通りなら、寿桂尼はこのドラマの脇役Aにすぎないのですが
同じような経歴を持ち、同じように活躍した女傑二人が関わらないということは
ドラマの面白さという観点から考えてありえないでしょう。

 

ですので、寿桂尼は
若き日の井伊直虎の人生に深くかかわってくると思います。

 

おそらく、戦国の世で女傑、女当主はどう生きるべきか
それを指南してくれる、師匠格のポジションで出てくるのではないでしょうか。

 

戦国の世で女性が活躍することはまれなことですが
それをこの2人は、やり遂げているのですから
その共通性をドラマで生かさないはずがありません。

 

それを考えると、寿桂尼は
かなり重要なポジションで出てくることになるでしょう。

 

寿桂尼と井伊直虎、戦国の世の二大女傑の人生が交差するドラマ
それが、このおんな城主 直虎です。

 

この2人がどう活躍して自分の家を盛り立てていくか、
そしてそれがどう歴史に影響していくか
それはこのドラマを見ないと分かりません。

 

その意味で、このおんな城主 直虎は必見と言えるでしょう。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す