おんな城主 直虎 対 おんな大名 寿桂尼 【直訴する第15回】の感想!



 
今回のおんな城主 直虎は、タイトル通り
井伊家の当主である井伊直虎(柴咲コウさん)と
今川家の事実上の当主である
寿桂尼(浅丘ルリ子さん)が対決する回です。

おんな城主とおんな当主の対決は
いったいどのような結末を招くのでしょうか。
 

スポンサーリンク


寿桂尼(浅丘ルリ子)への直訴

直虎が今川家に呼び出しを受ける
まさにその瞬間から今回の物語は始まります。

 

井伊家の当主が駿府に行くという行為に、皆不吉なものを感じますが
今川家の命令を無視するわけにもいかないので
龍潭寺の僧を護衛にして、駿府に行くことになります。

 

道中謎の敵に襲われますが、救援が間に合ったこともあり、なんとか切り抜けます。
(作中で名言はされていませんが今川家の手先だと思われます)

 

その後直虎は一計を案じ、不穏な動きを見せる小野政次(高橋一生さん)を出し抜き
無傷で駿府にたどりつくことに成功、そのまま寿桂尼への直訴を始めます。

ここで直虎と寿桂尼が徳政令を巡ってやりあいますが
最終的には、徳政令を願い出た百姓達が、直虎に統治してほしいと手紙を送ったこと

「民を統治するためにもっとも大切なことは民を潤すことです」

という直虎の統治哲学を寿桂尼が気にいったこと、この2点が決め手となり
寿桂尼は直虎に井伊家の統治(と虎松の後見人)を任せることにします。

 

この窮地を切り抜けた直虎が、皆の歓迎を受けながら井伊谷に戻ったところで
今回のおんな城主 直虎は終わりを迎えます。

井伊直虎(柴咲コウ)VS寿桂尼(浅丘ルリ子)

今回のおんな城主直虎の見どころは、井伊直虎が寿桂尼と対決するところです。

 

小野政次に虎松の後見人を任すと言い
今川家の刺客に狙われなくても済む状況を作ったあと
変装して駿府に潜り込むさまは、実にたいしたものです。


スポンサーリンク


そうして

「なんでこいつがこんな所にいるんだ」

と相手が驚いている隙に、一気に申し開きに移るさまは
さすがおんな城主だと言えます。

 

その後、本音では直虎を当主に認めたくない寿桂尼と
虎松の母親であるしの(貫地谷しほりさん)が

直虎に後見人になってもらいたくないとの意思を記した手紙を持ってきた
小野政次の連係プレーに悩まされますが、大河ドラマの主人公らしく
この戦いは人(領民)の心を動かした直虎の勝利に終わります。
(前回領民と直虎が仲良くなったのは、この流れへの伏線だったのでしょう)

 

政治と討論をピックアップしている所が、このおんな城主 直虎の特徴ですが
今のところは面白いので、成功していると言えます。

 

毎回戦争ばかりの大河ドラマでは飽きてしまうので
このドラマはこのまま、独自の流れで行ってほしいものです。

 

他の大河ドラマとは少し違う、このおんな城主 直虎
次回も必見と言えるでしょう。

 

※次回のおんな城主 直虎 第16回「綿毛の案」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第16回「綿毛の案」の予告編

 

※第15回「おんな城主 対 おんな大名」の視聴率(関東地方)は14.4%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す