おんな城主 直虎【ムロツヨシが演じる】あばら屋の男とは?



 
大河ドラマには、武田信玄や織田信長といった
有名な歴史上の人物以外にも、その時代を生きた名もなき庶民や
一応歴史に名は残っていても、ほとんどの日本人はその存在を知らない
マイナーな歴史上の人物がたくさん出て来ます。

おんな城主 直虎に出てくる「あばら家の男」は
前者ではなく後者に属します。
では、このあばら家の男とはいったい何者なのでしょうか。
 

スポンサーリンク


あばら家の男、瀬戸方久

あばら家の男、本名「瀬戸方久」は
戦国の世を生きる商人の一人です。

 

商人といっても、境の今井宗久や津田宗久のような
本物の大商人ではなく、ただの弱小商人の一人ですが
それでも、井伊家という地方領主には
それなりの影響力を持つ(ことになる)人物です。

戦国時代の堺

この瀬戸方久、NHKのサイトには

「金のためなら組む相手を変える」
「利益をあげることが正義」

と、身も蓋もないことが書かれていて
実際史実での行動もそれに近い感じです。

 

なので、瀬戸方久イコール欲深な商人と考えて
まあ大きな間違いは無いでしょう。

 

ただし、彼は井伊家の敵ではなく
むしろ味方側の人物です。

 

基本的に大河ドラマでは、主人公の味方側は良い人物に
敵側は悪い人物に書かれることが多いので、
この人物がどう描かれるのか、全く予測がつきません。

 

史実での行動を重視して、悪徳高利貸しのように
領民がどうなろうが、儲かればそれでいいという
ろくでもない人物として描くことも出来ますし

井伊家の味方であることを重視して
金儲けが好きだが、さすがに一線を越えることはためらう
それなりに良心的な商人として描くことも出来ます。

 

この、好悪どちらにも描ける商人を
ムロツヨシさんが演じることになっていますが
ムロツヨシさんは、いったいどんな人なのでしょうか。


スポンサーリンク


ムロツヨシと言う俳優

ムロツヨシさんは、踊る大捜査線をはじめ
相棒など、各種の刑事ドラマに出演経験がある俳優です。

 

ドラマや映画だけでなく、舞台の経験も豊富な方で
スペクタクルガーデン、muro式など、いくつもの作品に出演しています。

 

大河ドラマの経験は、平清盛ただ1作品だけですが
(平家の武将である平忠度役で出演しています)
舞台やドラマの経験が豊富な俳優なので
すぐに大河の雰囲気にも慣れることでしょう。

 

では、このムロツヨシさんが
いったいどうやって瀬戸方久という役を演じるのか
これは何とも言えませんが、NHKのサイトを見る限りでは

やや金儲けよりの、もう一歩線を踏み越えたら
完全に悪徳商人とみなされるような
かなりギリギリの商人として、描かれるのではないかと思います。

 

大河ドラマに出てくるのは、善人ばかりではないことを考えると
そういう悪党枠の一人として、出てくるのではないでしょうか。

 

この(かなり悪徳に近い)商人と、直虎がどういう関係を築くのか
そして、お互いをどう利用して戦国の世を生き抜いていくのか
それも、おんな城主 直虎の見所の一つと言えるでしょう。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す