おんな城主 直虎【浜松にある龍潭寺】墓所が隣り合っているぞ!



 
2017年大河ドラマである、おんな城主直虎の主人公
井伊直虎は、浜松にある龍潭寺に眠っています。

龍潭寺は、直虎にとって、たいへん縁のある寺として有名です。

生前の直虎は、今川家に謀反を嫌疑をかけられたことで始まる
井伊家の危機の際、この龍潭寺に匿われ
次郎法師という尼さんになっています。
 

スポンサーリンク


次郎法師、井伊直虎

その後しばらくして、次郎法師は還俗して(尼さんをやめるという意味)
井伊直虎を名乗り、龍潭寺を出て行ったのですが
井伊直虎にとって、龍潭寺は、人生の三分の一ほどを過ごした
ふるさとのような寺でした。

 

その意味で、龍潭寺は直虎にとって、ただの菩提寺以上のものがある
特別な寺だったのです。

龍潭寺 浜松

また龍潭寺は、井伊家代々の菩提寺であるので
井伊直虎だけでなく、数多くの井伊家、当主一族の墓があります。

 

直虎の父親である、井伊家22代当主井伊直盛
直虎の許婚であった、井伊家23代当主井伊直親も
この龍潭寺に葬られています。

 

ちなみに、井伊直虎の墓のとなりが
許婚であった井伊直親の墓になっています。

 

現世では、色々な事情があって二人は結ばれることはありませんでしたが
墓は隣同士です。

 

これは、寺側が粋な計らいをいうことなのでしょうか
それとも、たまたま位置が隣にあったのでしょうか
そのどちらかはわかりませんが、両者の墓が隣合っていることは確かです。


スポンサーリンク


由緒ある龍潭寺

この龍潭寺は、733年に創建された由緒ある寺だけあって
井伊家初代当主である、井伊共保をはじめとして
徳川四天王である24代当主井伊直政まで
井伊家当主24人のうち、ほとんど全員の墓がここにあります。

 

これ以降の井伊家は、遠州から彦根に引っ越したので
25代目以降の墓はここにありませんが
それでも、井伊家当主の墓が大量に並んでいる様は壮観です。

 

他にも、井伊家初代当主出生の井戸や、井伊直政の像など
井伊家に関わるものがたくさんあるので
井伊家ファンなら、一度は見ておくべきでしょう。

 

龍潭寺 公式サイト

 

龍潭寺庭園

最後になりますが、この寺には井伊家歴代当主の墓以外にも
有名なものが一つあります。

 

それは、有名な作庭家にして大名であった、小堀遠州が作った庭園です。

 

非常に美しい池泉鑑賞式庭園である、この龍潭寺庭園は
見学者の目を楽しませてくれます。

 

井伊直虎や井伊家当主の墓参りをしたついでに
目の保養をしてくるとよいでしょう。

 

遠州井伊家と切っても切れない仲であった特別な寺
井伊家歴代当主の菩提寺、それがこの龍潭寺です。

 

美しい庭園もあるので、大河ドラマが始まる前に
一度墓参りに行ってみるのもよいでしょう。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す