おんな城主 直虎【柳楽優弥が演じる】盗賊団のかしら龍雲丸!


 
おんな城主 直虎に、また一人
魅力的なキャストが加わりました。

それは、柳楽優弥さんです。

この柳楽優弥さんは、誰も知らないという
ノンフィクションの事件を題材にした、映画の主演として
一躍有名になった人です。
 

スポンサーリンク


カンヌ国際映画祭男優賞の柳楽優弥

彼は、この映画でカンヌ国際映画祭男優賞をとり
世界的に有名になりました。

 

その後、いろいろな経験を積んでこられた方ですが
大河ドラマの経験は初めてです。

カンヌ国際映画祭

ですが、同じNHKの朝ドラマである「まれ」をはじめ
アオイホノオや信長協奏曲など、いろいろなドラマに出演されている方なので
演技力があるのは、間違いありません。

 

そんな柳楽優弥さんが、おんな城主 直虎で演じる役は
盗賊団の頭である、龍雲丸です。

 

この龍雲丸は、当然の事ですが歴史上の人物ではありません。

 

なので、歴史上実在した泥棒である石川五右衛門とは違い
どういうキャラクターになるのか
また、作中で何をするのか、全く分かりません。

 

ただ、NHKのサイトでは

「身寄りのない孤児を束ね、盗賊団を指揮している」
「木材を盗もうとしたところを直虎に見つかる」

と書いてあるので、愚連隊のアニキのような立ち位置だと思われます。

 

つまり、石川五右衛門や鼠小僧のような職業的泥棒でもなく
北斗の拳に出てくる、モヒカンのような悪党というわけでもない
頼りになる、無法者キャラというところでしょうか?

 

もっとも、戦国時代そのものが一種の無法社会なので
特に無法者のようなイメージはないのかもしれません。


スポンサーリンク


無法者のアニキである龍雲丸が、歴史上の人物である直虎と
どう絡んでくるのかは、よく分かりませんが、
戦国ドラマでよくある密偵のような役割
この龍雲丸が、担うことになるのかもしれません。

忍者(密偵)のような感じかな…

その手の密偵は侍がやると目立つので、ドラマでは忍者が行うことが多いですが
(真田丸では、佐助やその先輩格にあたる忍者がこの役をやっています)
徳川家ならともかく、井伊家は特に忍者と縁がない家なので
徳川家の大河ドラマなら、伊賀の忍者がやるようなことを
代わりに、龍雲丸やその子分たちがやってくれるのかもしれません。

 

これはただの予測なので、実際龍雲丸が何をするのか
放送が始まってみるまでは分りませんが、忍者代わりの密偵役というのは
かなりありそうな役だと、個人的には思います。

 

龍雲丸の性格については、役割よりもさらに予測困難ですが
孤児のまとめ役ということを考えると、やっぱり
リーダーシップのある、アニキタイプではないでしょうか?

 

龍雲丸のアニキが、いったいどのような活躍をしてくれるのか
来年に始まるドラマが、実に楽しみです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す