【桶狭間に死すの感想】狼狽える尾上松也と独立を考える阿部サダヲ



 
今回のおんな城主直虎は、戦国史に名高い桶狭間の戦いの回です。

実はこの桶狭間の戦い、どのような戦いだったのか
今でもよく分かっていない謎多き戦いなのですが

その桶狭間の戦いが、このドラマでどう描かれたのか
そしてそれが井伊家にどのような影響を与えたのか

それをこれからご紹介します。
 

スポンサーリンク


「今川方総崩れ」独立を考える松平元康(阿部サダヲ)

この回は桶狭間の戦いが始まる、その直前から始まります。

 

井伊家の人々が談笑しているまさにその時、織田軍が殴り込みをかけて来て
今川方は大混乱に陥ります。

「今川方総崩れ」との報告を聞いた松平元康(阿部サダヲさん)は
岡崎に戻って独立することを考え

今川氏真(尾上松也さん)は、どうしたらいいのか指示を仰ぐ部下に
お前らが何とかしろと言い放ったあと、どこかへ消えてしまいます。

 

そんな風に今川家全体を覆った混乱は、井伊家もを飲み込みます。

 

桶狭間の戦いで、当主である井伊直盛(杉本哲太さん)を失った井伊家は
次の当主を誰にするのか、その対応を協議することになります。

 

先代の遺志もあり、当面は井伊家重臣である中野家が
井伊家を主導していくことになりましたが、当主を失った衝撃は大きく
井伊家の動揺はおさまりません。

 

そしてその動揺が、ある悲劇を招くことになるのです。

 

井伊家の重臣である奥山朝利(でんでんさん)は、もともと反井伊家である小野家が
このどさくさにまぎれて井伊家を乗っとろうとしているのではないかと疑います。

 

小野家をこのままにしておいてはいけないと、思いつめた奥山朝利は
小野政次(高橋一生さん)の誅殺をもくろみますが
やられると思って反撃した小野政次の前に返り討ちにあったところで
今回のおんな城主直虎は終わります。


スポンサーリンク


今川から徳川へ…混乱する井伊家

この回の見どころは、歴史に名高い桶狭間の戦いではなく
戦国大名今川家の崩壊です。

(桶狭間の戦いはダイジェスト方式だったので
見どころというほどではありませんでした)

 

今川義元(春風亭昇太さん)が生きていたころの今川家は
武田、北条といった有力大名が認めるほどの強さを誇りましたが
義元がいなくなったあと、その勢威は急速に衰えていきます。

 

松平元康は、どさくさにまぎれて独立しますし
後継者である氏真は、ただ混乱するだけで何も出来ません。

 

崩壊する大国と言うのは、えてしてこんなものですが
かつての(ドラマ当初の)強勢ぶりと比較すると、実に物哀しいものです。

 

歴史通りだと、これから、松平(徳川)家が台頭し
井伊家はその傘下に収まるわけですが

まだ当分の間、井伊家は今川家の傘下にあります。

 

前回の大河ドラマである真田丸では
真田家は滅びゆく武田家を守るために奮闘しましたが
井伊家と今川家は、そんな忠義心や愛のあふれる関係ではありません。

 

滅びゆく今川家に対して、井伊家がどんな態度をとり
またどのような立ち回り方を見せるのか
次回のおんな城主直虎が楽しみです。

 

※次回のおんな城主 直虎 第10回「走れ竜宮小僧」の予告編をご覧下さい。

おんな城主 直虎 第10回「走れ竜宮小僧」の予告編

 

※第9回「桶狭間に死す」の視聴率(関東地方)は14.0%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す