大河ドラマ真田丸の第15回【秀吉】感想とちょいネタバレ(男性)


 
真田丸第15回の感想を
書かせて頂きます。

この回は、タイトル通り
天下人豊臣秀吉の回です。

天下人や有名人をどのように描くか
それが色々な
大河ドラマや歴史小説の
個性として出てくるのですが
真田丸に出てくる豊臣秀吉は
やや変わった描かれ方をしています。
 

スポンサーリンク



真田丸の豊臣秀吉は
一見、明るくて
人懐こい人物として
描かれます。

 

しかし、たまに真顔に戻って
周囲をうかがうのです。

 

大阪に来た真田幸村を
気に入って側におくのですが
その真田を
潰そうとしていることについては
幸村に何も言いません。

 

普通、幸村を気に入っているなら

「早く真田昌幸が上洛して
わしに頭を下げないと
真田は徳川に滅ぼされるぞ」

と忠告してもいいものですが
彼は幸村に、今の真田の
危機的な状況について
何も言いません。

    
   
一応、今わしに逆らっても
いい事は何もないぞと
軽口を叩いていますが
剣呑な雰囲気ではないので
まさか滅亡フラグが立っているとは
幸村は気がつきません。

 

このまま行くと
彼が気に入っている人間の
家が滅ぼされかねないのに
秀吉は幸村に何も言わないのです。

 

それどころか、真田の味方である
上杉景勝に

「徳川と真田が戦争になっても
真田を助けるなよ」

と圧力をかけます。

 

一応

「真田を潰す動機は
徳川に貸しを作るため」

と言っていますが、秀吉は全体的に
ちぐはぐな行動をとっているので
不気味さのようなものを感じさせます。


スポンサーリンク


普通こういう不気味さ
本心がわからない裏表ぶりは
徳川家康や真田昌幸の売りなのですが
真田丸では、昌幸はともかく
家康は裏表がない苦労人として
描かれています。

 

その代わり、秀吉が
表裏比興の者
なっているのです。

 

数年前の大河ドラマ黒田官兵衛では
秀吉は好人物として描かれていました。

 

ただし怒りスイッチや
鬱スイッチが入ると
過激になります。

 

その時の秀吉とも
真田丸の秀吉は
だいぶ違います。

 

明るいところや人懐こいところは
嘘や演技でないのでしょうが
本心のところがよくわからない
あまり見ない秀吉になっているのです。

 

こういうところが真田丸の
個性の一つなのでしょう。

 

また今回の真田丸では
石田三成と幸村の関係が改善します。

 

このまま仲が悪いままだったら
後の関が原は
どうなるのかと思っていたので
一安心と言えます。

 

三成が幸村に
丁重な態度を取り始めたのが
関係改善の理由ですが
丁重な態度を取るようになった理由が

「殿下(秀吉)が認めた男だから」

というのが実に三成らしいです。

 

そんな三成を

「あいつは悪い奴ではないんだ」

と猛然と弁護する大谷吉継もまた
吉継らしいです。

 

歴史上大谷吉継と石田三成は
非常に仲が良いです。

 

次回の真田丸では
真田家に再び危機が訪れます。

 

そんな次回の
真田丸も楽しみです。

 

※この他にも第15回「秀吉」の
感想がありますので読んで下さい。

真田丸第15回「秀吉」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す