真田丸第10回3月13日【妙手】感想とちょいネタバレ(男性)



 
予想外の徳川・北条の和睦成立に
驚きを隠せない真田昌幸。

大国の都合に振り回され
領地を奪われることに
怒り狂う室賀正武。

「お主は舐められている!」と
吐き捨て立ち去ります。
 

スポンサーリンク


一方、真田信尹は
本多正信と交渉に臨みます。

 

一般的には、あまり
有名とは言えない信尹ですが
『真田丸』においては
兄・昌幸の右腕として、存分に
活躍の場が与えられています。

 

実際、武勇に優れた人物であったらしく
武田信玄のもと
北条との戦いなどにおいて
武功を立てているようです。

 

ドラマの中では、本多正信から
「切れ者」と評されていましたが
脚本の三谷幸喜さんは、今後とも
信尹を活躍させるのでしょうか?

 

さて、徳川・北条の和睦の条件として
上野の領地を北条に引き渡すよう
家康から要求された昌幸は
策を巡らせます。

 

上杉方の
虚空蔵山城に対する備えとして
徳川の力で
尼ヶ淵に城を築くことを
家康に提案。

 

しかしながらその本心は
再び上杉に寝返り
尼ヶ淵の城(上田城)を
対徳川に利用する
というものでした。

 

家康は既に、北条との間で
沼田領の引き渡しで合意しており
真田にごねられても面倒。

 

そこで築城の条件を呑む代わりに
沼田を引き渡すよう
昌幸の名代として訪れていた
信幸に要求します。

 

「沼田を北条に渡すなど理不尽至極

 

良く言えば、正義感溢れる
信幸は突っぱねます。

 

信幸の態度に
怒りを露わにする本多忠勝。

 

後の婿と舅
この時一触即発となり
信幸はどうやら忠勝に
苦手意識を持ったようです。

 

この辺は三谷さんによる伏線
と言ったところでしょうか。

 

本多忠勝、娘の小松姫
それに信幸の三人で、後々
ホームコメディを演じる様子が
思い浮かびますね。

 

さて、真田をなんとか
丸め込もうとする家康は
阿茶局から集めた人質の中に
真田昌幸の母
「とり」が居ることを知らされます。

 

家康は信幸に「とり」を返すと告げ
重ねて沼田領の
引き渡しを求めるのでした。

 

昌幸は
尼ヶ淵への築城と引き換えならば
沼田の引き渡しも止む無し
と考えるものの
ここで叔父上・矢沢頼綱が
思いっきりむくれてしまいます。

 

プライドの高い頼綱は
沼田城の引き渡しを拒絶。

 

あろうことか
城の受け取りに派遣された
北条の使者を槍で一突き
殺害してしまいます。

 

当然のごとく
怒り狂う北条氏直。

 

沼田攻めの口実を手に入れ
内心ほくそ笑む氏政。

 

それにしても
氏政役の高嶋政伸さんといい
矢沢頼綱役の綾田俊樹さんといい
脇を固める役者さんたちの
怪演・熱演がドラマを
盛り立ててくれていますね。


スポンサーリンク


ところで、今回ついに
梅が信繁の子供を
宿していることが判明します。

 

「御帰りを二人で
お待ち申し上げております」

 

梅にそう告げられ

「何としても、この大仕事を
成し遂げねばならぬな」

と父・昌幸に命じられた
上杉との関係修復の役目を果たす
意気込みを語る信繁だったのでした。

 

そして、新発田重家の
反乱鎮圧にてこずる
上杉景勝のもとを訪れた信繁は
直江兼続の怒りをよそに
虚空蔵山城にて
軍芝居を打ってほしいと求めます。

 

景勝は信繁の勇気に免じて
その願いを了承。

 

「此度もだまされれば
わしの器がそれまでということじゃ」

 

と言いつつ、内心では
信繁のことが気に入った様子。

 

そして、約束通り
信繁・信幸が率いる真田軍は
虚空蔵山城を攻めるふりを演じます。

 

昌幸の狙い通り

「真田が虚空蔵山城を攻めたものの総崩れ」

との情報が周辺諸国に広まります。

 

更には
勢いに乗った上杉の軍勢が
上野に向かうとの虚報を流し
北条勢を撤退に追い込むのでした。

 

北条は家康に使者を送り
沼田領を引き渡すよう
真田を説き伏せてほしい
と要求しますが
秀吉の勢力拡大
脅威を感じる家康は
それどころではありません。

 

そこで家康の懐刀
本多正信は室賀正武を使って
昌幸謀殺を画策するのでした。

 

※第10回「妙手」の視聴率(関東地方)は16.2%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す