真田丸第11回3月20日【祝言】感想とややネタバレ(男性)


 
前回、自らの子を
お腹に宿していることを告げられ
梅と一緒になることを
決意した信繁。

身分違いのため
さすがに正室には出来ないものの
せめて祝言だけは挙げてやりたい。

信繁は公家出身で気位の高い母
薫の反対を見越して
矢沢三十郎と佐助の両名に相談し
策を巡らせます。
 

スポンサーリンク



一方、徳川・北条の和睦に伴い
上野は北条の切り取り次第
とされるものの、北条の
思惑通りにはことは運びません。

 

沼田領の引き渡しを
頑として拒む昌幸対し
北条からの要求との板挟みなる家康。

 

そこで、昌幸を始末するために
謀略を仕掛けます。

 

室賀正武を浜松に呼び出し
昌幸への不満を述べる家康。

 

更に、尼ヶ淵の城を巡って
昌幸の不実を訴えます。

 

室賀は昌幸に騙され
いいように利用されている。

 

室賀に対し
昌幸への不信を植え付け
更には本多正信が
遠まわしに昌幸を
始末するよう持ちかけます。

 

ベテラン俳優の近藤正臣さんが
家康の腹心・本多正信を
好演されていましたね。

 

その頃、梅との祝言を挙げるべく
信幸と昌幸に対して
根回しを行う信繁。

 

兄と父からは、賛成を取り付けるものの
案の定母・薫からは
猛反対されてしまいます。

 

「わたくしは認めません!」

 

地侍という
低い身分の出身である梅に対し
どうしても信繁との結婚は
認められないという薫を
何とか説得しようと策を弄します。

 

三十郎に花を届けさせ
天井裏に潜ませた佐助には
いい香りのする油を使わせ
薫の気分をほぐそうと試みます。

 

信繁は下手に出て説得を図るものの
佐助がしくじって策が
薫にばれてしまいます。

 

「そなたは弁が立ちすぎる」

 

と、かえって
薫を怒らせてしまいます。

結局、昌幸も
薫の怒りを鎮めるために
一度は認めた祝言を
取りやめてしまいます。

 

さて、源次郎に片思いする
「きり」は、父・高梨内記から
梅が、お腹に信繁の子どもを
宿していることを聞かされます。

 

「御子がいるんですか?」

 

さすがに動揺は隠せません。

 

それでも、信繁や梅の前では
精一杯明るく振る舞います。

 

「お梅ちゃんと
源次郎が一緒になるなんて
こんなにうれしいことはないわ」

 

と強がって見せたものの
耐えられず外に飛び出し
声を押し殺して泣いてしまいます。

 

その後、信幸から
祝言を取りやめることを告げられ
納得いかない信繁でしたが
一方で梅は

「仕方ないことです」

と身分の違いを受け入れ
その夜堀田作兵衛宅で

信繁・梅・信幸・作兵衛
きり・三十郎・佐助

こじんまりとした
祝言を挙げるのでした。

 

戦国時代のリアリティーには
欠けるかもしれませんが
ほっこりする、いいシーンでしたね。

 

さて、その後いよいよ
上田城が完成。

 

ただ、お祝い気分もそこそこ
出浦昌相から室賀正武に
不穏な動きがあることを告げられます。

 

「徳川と示し合わせているのは
間違いないようだ」

 

出浦は室賀の裏切りを確信します。

 

「室賀を逆に仕留める」

 

と呟く出浦。

 

さらには

「源次郎の祝言か…」

と室賀を誘き出す策を考えます。

 

対して信幸は

「そのようなやり口は卑怯でございます」

とあくまで真っ直ぐです。

 

ただ、昌幸の腹は
既に固まっています。

 

「室賀がわしを暗殺する保証はない
それを確かめるためじゃ」

 

一旦取りやめた
信繁の祝言を開くことを決め
室賀に書状を送り祝言に招待します。

 

「この機会に昌幸を討つ」

 

暗殺を決意する室賀。

 

そして祝言の当日、何も知らず
梅の花嫁姿を見てにやける信繁。

 

そんな信繁をよそに
きりと梅の間には
微妙な距離が生まれます。

 

「源次郎様は私の旦那様」

「きりちゃん
今でもあの人が好きだから」

 

と、きりに対して
二人のことに構わないでほしいと
はっきり告げる梅。

 

「なにそれ…」

 

と、はぐらかしますが
内心は穏やかではなかったでしょう。

 

さて、祝言が始まると
昌幸と室賀は別室へ移動し
二人で碁を打ち始めます。

 

その裏で、出浦昌相は
室賀の従者二人を始末
高梨内記と共に
昌幸たちが碁を打つ部屋の
隣に潜み気を窺います。

 

ところで、西村雅彦さんの演じる
室賀正武は、今回で
最後の出演となる訳ですが
最後に、幼馴染の昌幸を
ライバル視する小土豪の意地を
見事に熱演されていました。


スポンサーリンク


徳川と通じていることを見抜かれ
従者を始末したことを告げられ

「お主の負けじゃ、わしの家来になれ
さすれば許す」

と昌幸から迫られても怯みません。

 

「幼いころから
わしの前にはいつもお主が居た」

 

と昌幸を認めつつも

 

「武士として、お主に
劣ったと思ったことは一度としてない」

 

と自らの気概を示します。

 

率直に言って惜しいな
と思いました。

 

できればもう少し
昌幸と室賀正武の関係を
丁寧に描いてほしかった。

 

「黙れ小童!」

 

と信幸を一喝するシーンばかりが
印象に残っていますが
今回の室賀の最後を見て
勿体ないなという感想を持ちました。

 

「お主の家来にはならぬ」

 

と隠し持った小刀で
昌幸の暗殺を謀るものの
出浦昌相の放った「くない」に阻まれ
信幸と昌相によって
始末されてしまいます。

 

その後、きりに
現場まで引っ張ってこられた信繁は
ようやく祝言の裏に隠された
昌幸の策を知ります。

 

「あなたたち、いいのこれで。
お梅ちゃんが…」

 

あまりのことに涙を流すきり。

 

信繁は、昌幸の策を見抜けぬ
自分の不甲斐なさに落ち込みます。

 

「父上は見事に成し遂げられましたね」

 

と昌幸の策を認めるものの
釈然としないものも残ります。

 

「あの、梅のために泣いたのは
私ではなく…」

 

徹底的に打ちひしがれる
信繁に対し

 

「悩め源次郎、それでも
前に進んでいくしかないのだ。
今の我らは」

 

と諭す信幸なのでした。

 

※第11回「祝言」の視聴率(関東地方)は15.6%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す