大河ドラマ真田丸の第15回【秀吉】感想とややネタバレ(男性)


 
いよいよ始まった大坂編です。

今回は、豊臣方の人物の
多くが新登場しました。

中には今後、信繁の人生に
関わる人物たちもおり
より新しい展開への
期待が沸いて来ます。
 

スポンサーリンク



まず、私が気になったのは
豊臣秀吉という男の二面性でした。

 

農民的な秀吉と
天下人である秀吉の
二つの顔が伺えました。

 

天下人として
既存の制度を壊して
新しい仕組みを作ったり

部下である石田三成に
その仕事を思いきって任せる
といったところに
優れた指導者らしさを感じ

また、改革者としての
一面も見られました。

 

その反面で
家族や親族衆と過ごす場面では
木下藤吉郎に戻ったかのような
印象も受け、役者さんの
演じ分けが良くできていると
とても感心しました。

 

また秀吉が、信繁を
取り込もうとする場面では
史実にも見られた
秀吉が若い才能を
身近に置こうとするやり方が
描写され、秀吉の人となりを
表せていたと思います。

 

もう一つ気になった点は
上杉景勝の葛藤と
直江兼続の考え方でした。

 

上杉家先代の当主
上杉謙信公から引き継いだ
清廉な理想主義
持っている景勝は

実際に秀吉に会うことで
豊臣家に従うことに対して
拒否反応を示しますが

家臣の兼続からは
上杉家が豊臣家に従属することで
得られる利点を重視する
現実的な考え方が見えました。


スポンサーリンク


この二人の対比は、史実でも
こういった関係だったのかな
と思わせ、面白かったです。

 

また一度裏切られたはずの
真田安房守について
心配をする景勝の態度からは
上杉景勝という男の人柄
強く感じました。

 

次に気になった点は
次期関白となる
豊臣秀次のことです。

 

秀吉からの質問を受けても
要領を得ない返答ばかりで
後継者としては
頼りなさが感じられました。

 

この後、史実では
一悶着あるわけですから
後の物語への
伏線になると思われます。

 

これまでは、人物ばかりに
焦点をあててきましたが
その他の点も
見てみたいと思います。

 

特に気になったのは
大坂編独特のBGMです。

 

おごそかさを感じさせる一方で
奇妙で不気味な印象を与え
表裏ある秀吉がメインとなる
舞台にふさわしいものだと思います。

 

天下人となった秀吉を描写し
秀吉らしさを持たせる上でも
とても効果的だっと思います。

 

そして次回は、いよいよ
徳川本軍が真田と戦うのか?

 

という真田家にとっての
正念場のお話です。

 

これに対して豊臣は?

 

真田は?徳川は?

 

そして信繁自身は
どのような動きをするのか
今から一週間が
待ち遠しくてなりません。

 

※第15回「秀吉」の視聴率(関東地方)は18.3%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す