真田丸第17回5月1日【再会】感想とややネタバレ(男性)



 
今回の真田丸では石田三成と加藤清正の関係が悪化していく様子
徳川家康が上洛して豊臣秀吉との会見の名セリフ
真田信繁と本能寺の変で死に別れたと思っていた姉の松との再会
徳川と真田の戦回避などが見所だったと思います。

最初に出雲の阿国の演劇ショーが始まったんですが
これが本能寺の変で死に別れになった姉の松との再会につながるんです。

阿国のバックダンサーに姉とそっくりな人物がいたわけです。
 

スポンサーリンク



これに気づいた信繁が、従者の桐を連れて後で確認にいったのですが
外見は瓜二つというか同じでした。

 

おそらく姉の松で間違いないとは思うんですが
本能寺の変で逃亡劇で崖から落ちた時に記憶喪失となっており
信繁から姉上でしょうと言われても何それ状態でした。

 

このあたりは次回以降への持ち越しの伏線って感じで
尻切れトンボで終わってしまいました。

 

次に問題となるのが徳川VS真田です。

 

秀吉としては、徳川が真田攻めの許可と取ってきたので
顔を立て許可するものの、真田と徳川の戦直前に和睦
こういう腹積もりだったのですが
信繁からするとチンプンカンプンで狼狽しまくります。

 

それも当然ですよね。

 

前回は真田攻めはさせん、と秀吉が言ってくれたのに
徳川へ真田攻め許可の使者を送るとは何事って感じでしょう。

 

徳川にしても、秀吉から真田攻めの許可が出たので戦準備を終え
さあ出発って時に、秀吉から戦はするなっていう命令がくるんですから、怒り心頭です。

 

これを解決するために、秀吉が自分の母(以下ババ様)を徳川の人質に送ることになり
ここから石田三成と加藤清正の関係が、悪化していくシーンへとつながります。

 

秀吉と血縁関係にある加藤清正からすると
ババ様を人質に出すなんてことは、とんでもないことだと感じるわけです。


スポンサーリンク


石田三成が政治の道具として、ババ様を人質に出すように秀吉を言い包めた張本人だと勘違いし
その思いを石田三成にぶつけにいき衝突してしまいます。

 

石田三成も、ババ様の人質としての身の上を案じ
信繁に徳川の人質の扱いはどうなのか?
と質問責めをしていたぐらい身の上を案じていました。

 

しかし、そういうことは一切加藤清正には言わず、冷静に対処しました。

 

これが加藤清正からすると冷血な人間ととられてしまい
お前には人の心がないと罵られてしまいます。
ここから石田三成と加藤清正の関係が破綻していくんだっていう
伏線になってると思いました。

 

結局ババ様は徳川の下に人質となることが決定し
自分の大事な母上を人質に差し出す秀吉に
礼を尽くさねばと、上洛を決心させることになります。

 

秀吉と家康の謁見の際の有名な陣羽織のやり取り
これが実は秀吉の芝居の一つであったことも明かされます。

 

実は家康が独断で言ったことではなく、秀吉が謁見前日に家康と密会し
明日はこのように言ってくれと、家康に土下座をしてお願いしたからなんです。

 

そして秀吉と家康の密会を取り持ったのが信繁、まさかでした。

 

今回はこの秀吉と家康の謁見の最中で終わってしまうのですが
これがあったからこそ戦乱の時代に終止符が打てたんだと感じ
(西の秀吉、東の家康で戦乱の世を平定できた)
今回は見所の多い場面が多かったと思います。

 

※第17回「再会」の視聴率(関東地方)は17.0%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す