真田丸第18回5月8日【上洛】感想とややネタバレ(男性)



 
なかなか上洛しない父真田昌幸でしたが、上杉家からも上洛するように説得され
やっと、やっと、しぶしぶ上洛し豊臣秀吉に謁見することになります。

凄いですね、自分のまわりの大名が既に上洛しているにも関わらず
大名にもなっていない地方の国衆である真田家がまだ上洛をしないなんて
勢力から言うと弱小の真田家は、領地安堵の為に
真っ先に頭を下げに行ってもおかしくないのに…

戦上手で野心を未だに捨てきれない昌幸だからこそ、できることなんでしょうね。
 

スポンサーリンク



大坂城で再会した姉の松は、相変わらず記憶は戻らないままですが
信繁は、松が身を寄せている旅の一座から、身元を引き取ることができ
これからしばらくは、きりと一緒にねね様の側で働くことなります。

 

こちらは一先ず安心ですね
これで松が、真田家の面々と離れてしまうことはなくなりますから
あとはゆっくり記憶が戻るのを待つだけですね。

 

それにしても信繁は、素直というか幼いというか
行く先々で出会う人を毎度魅了しています。

 

その素直さが、景勝や秀吉に気に入られる理由でしょうか?

 

昌幸と信幸が上洛し、信繁との再会を喜びますが、信繁は秀吉に傾倒し
昌幸と信幸は秀吉に対して未だに野心を抱いたままです。

 

都の凄さ、秀吉の凄さを知らず、未だに野心を抱いている2人には
都会と地方の温度差を感じます。

 

そして、秀吉は、なかなか上洛を果たさなかった
真田家のことを快くは思っていません。

 

そんな両者の謁見の場に現れたのは、秀吉本人ではなく甥の秀次でした。

 

地方の国衆の真田に、上洛を延ばされていたことに対して秀吉は
かなり怒っているみたいですね。


スポンサーリンク


これでは真田家の面子はボロボロです。

 

他の大名は上洛の際、秀吉本人に謁見しているのに対し
真田家を大名に取り上げるとはいえ、真田家は秀吉本人には会うことすらできない。

 

これは真田家にとっては大変不名誉なことであり、昌幸と信幸は
秀吉が真田家を軽く見ており、ないがしろに扱われたと腹に一物抱えたままになります。

 

これはまずいと考えた信繁は、知恵を巡らせて茶々の力を借り
何とか秀吉と昌幸との謁見を実現させます。

 

これにより、真田家は面目を保つことができたのですが
秀吉は上洛をしぶっていた真田を許していたわけではありませんでした。

 

事態は丸く収まることはなく…

 

そして茶々に借りを作ってしまった信繁は、問題の種を1つ抱えることに…

 

今回も信繁が機転を利かせて真田家の面目を保つことができましたが
それでもやはり秀吉の怒りは収まっていないようですね。

 

あんな屈辱的なことを命令されるなんて…
秀吉は怒らせると怖いですね。

 

それに、茶々に借りを作るのは大変危険な気がします。

 

次回の予告映像を見ると、やはり何かが起こりそうな予感がして
見逃すことは出来ませんね。

 

※第18回「上洛」の視聴率(関東地方)は19.1%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す