真田丸第20回5月22日【前兆】感想とややネタバレ(女性)


 
真田信幸とおこうの離縁のシーンは、見ていて胸が苦しくなりました。

今は、好きな人と結婚できるけれども、昔は家と家との事で結婚させられたり
離縁させたれたり振り回されていたので、当人たちはもちろん親族も辛かっただろうと思います。

自分の息子や娘が、そんなふうに結婚させられると考えると涙が出ました。
 

スポンサーリンク



そんな中、茶々が懐妊します。

 

秀吉の嬉しそうな顔は、見ていて私も嬉しくなりました。

 

何歳になっても、子供ができるというのは嬉しいのでしょう。

 

その一方で、城の壁に

「お腹の子供は、本当に秀吉の子供か?」

などと落書きをされます。

 

激怒した秀吉は、犯人を見つけよと命令します。

 

自分の事は悪く言われてもいいが
産まれてくる息子の悪口を言われたことに腹をたてていたようです。

 

確かに、子供の悪口を言われると自分のこと以上に腹がたちます。

 

疑いがかかったのは、門番である尾藤道休。

 

しかし彼は、字が書けず落書きすることはできません。

 

犯人をなかなか見つけられなかった秀吉は、門番全員を磔にします。

 

これは、いくらなんでもひどすぎます。

 

確かに、息子の悪口を言われて怒っているのはわかりますが
17人もの命を、落書きだけのために奪ったなんて信じられません。


スポンサーリンク


このような独裁的なことが、戦国時代には行われていたのかと思うとゾッとします。

 

もし息子が門番の仕事をしていて、落書きだけのために殺されたとしたら
私は一生秀吉を憎み恨むでしょう。

 

このようなことをしていたから、家臣からの信頼もなくなっていったのでしょう。

 

門番たちの磔だけでは物足りず
町人に一人ずつくじを引かせ、磔にすると聞いたときは
行き過ぎ!!と腹がたちました。

 

全く関係のない人たちをも巻き込んで、許せない気持ちになりました。

 

暴走する秀吉を最後に止めたのは、妻の寧でした。

 

秀吉を一喝し、暴走を止めました。

 

家臣の三成や、源次郎でも止められなかったのに
妻の言葉は秀吉の胸に響いたのでしょう。

 

今の時代も、昔の時代も
男をうまく操れるのは、女性なんだなと思いました。

 

いくら偉そうにしていても、妻にはかなわない。

 

それが、世の中が平和におさまる秘訣かもしれません。

 

私も、寧のような、芯のしっかりとした女性になりたいと思いました。

 

女性の私から見ても、すごくかっこいい女性だと思います。

 

3か月後、秀吉に待望の息子が生まれました。

 

親になったのだから、少しは人の気持ちが分かる人になってほしいと願います。

 

これからの秀吉に、期待しています。

 

※第20回「前兆」の視聴率(関東地方)は18.7%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す