真田丸第25回6月26日【別離】感想とややネタバレ(女性)


 
秀吉の息子が亡くなり、千利休が切腹になる2本立ての回でした。

千利休でのエピソードでは、最初現在と過去を交互に描いていたのですが
現在の話と過去の話かを把握するのに、少し時間がかかりました。

また歴史上では謎とされている、利休の死について
三谷さんの見解では、利休が北条氏にも通じていたこと
作成した利休像が、秀吉を踏みつけていることが原因としていました。
 

スポンサーリンク



しかし利休の像の話は、いくら彼を貶めるためとは言え
ちょっとこじつけが過ぎたのではないか?とも思いました。

 

そこに茶々が関連していたのは、竹内結子さんが演じてきた茶々ならば
あり得る話なので、素直に受け入れることができました。

 

他の女優が演じていた茶々では、納得がいかなかったかもしれません。

 

利休の切腹シーンでは、桂文枝師匠のお腹が
年齢の割には、ぷよぷよしていなかったので驚きました。

 

次に、息子の鶴松の死についてです。

 

鶴松が危篤となり、明日の朝まで持ちこたえれなくなった時
実直な石田三成と、実利の大谷吉継の性格の差がはっきり表れました…

 

葬儀の手配をする吉継と、普段は願掛けなど鼻で笑う三成が
願掛けを行うシーンは、象徴的に感じました。

 

願掛けのシーンでは、山本耕史さんが上半身裸になっていたのですが
とても鍛えてあって素敵でした。


スポンサーリンク


腹筋がシックスパックになっているとかではなく
”鍛えている人の体”でちょっと萌えました。

 

そのころ、徳川家康と真田昌幸がそれぞれの部屋で
今後の豊臣家について話し合っていて、同じことを考えていることに驚きました。

 

私の勘ですが、今後関ケ原などで対峙する二人の知略や頭脳などは
ほぼ同列であることを、印象づけたかったのではないでしょうか?

 

それを裏付けるために、家康と昌幸の同じ会話を
交互に視聴者に見せる演出だったと思います。

 

鶴松が亡くなって、呆然と部屋から出ていく茶々は、普段の品のある所作など関係なく
我が子が死んだのを、ただ受け入れられない母親を思わせました。

 

普段あまり交流がない(と思われる)北政所が、無言で彼女を抱きしめるシーンは
言葉はなくとも、女同士の何か通じ合えるものがあるんだと思いました。

 

その証拠に、幸村のときには泣かなかった茶々が
北政所に抱きしめられたとたんに、ただただ泣いていたからです。

 

最後に幸村の兄、信之と稲が、今後どのようにして
夫婦として、絆を深めあっていくのかが気になります。

 

※第25回「別離」の視聴率(関東地方)は18.3%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す