真田丸第33回8月21日【動乱】感想とややネタバレ


 
ついに動き出した石田三成と徳川家康の戦い
ワクワクして目が離せません。

今回の『動乱』は石田三成が、徳川屋敷に討ち入りをしようとするものですが
実はこれから起こる更なる戦乱の布石とも言えます。

また、ついに真田家が一族存亡を掛けた生き残り策を考え始めます。
 

スポンサーリンク



前回は、徳川家康を打ち損じたものの
今回の、味方につくという計略は
真田一族を、現在まで存続させるという点で非常に重要です。

 

また石田三成は、あまりにも生真面目過ぎる性格であるが故に
損をしてしまいます。

 

徳川家康は、天下を握ろうと画策するのに対し
石田三成は、その天下の均衡バランスを保つ役割がありました。

 

この点については、豊臣秀吉が望んだ天下泰平を石田三成が守ろうとする点で
非常に評価できるポイントだと思います。

 

もし、石田三成に人望があれば…

 

より多くの大名を集めることができれば
今とは異なった世の中になったと考えます。

 

しかし今回の話は、大谷刑部が石田三成を生かそうとするなど
話の展開は今後も期待感が大きいです。

 

一度、袂を分かったこの二人が
どのように東西関ヶ原の戦いで共闘するに至ったかが、今後の見どころになります。

 

そして遂に、真田家もお家存続を掛けた計略が動いています。

 

特に、家系を二分してでも存続した大名で有名なのは
真田家と津軽家です。

 

その双方において、徳川と石田の血筋が今も続いています。

 

真田家は、信繁の子孫が宮城県の蔵王町で存続していて
信幸の子孫は、長野県上田市にいます。

 

また津軽家も、石田三成の娘である辰姫が二代目藩主の側室となる他
次男である石田重成は津軽に逃れ、杉山源吾を名乗って子孫が存続しています。

 

今回の動乱ですが、確かに徳川方に多くの大名がつきました。


スポンサーリンク


細川忠興や伊達政宗などは、自分たちに優位になることから味方しただけであり
加藤清正や福島忠則なども、育ての親たる北の政所から支持されたがために行ったものです。

 

次回は、遂に石田三成に対する七将、すなわち
加藤清正・福島正則・加藤嘉明・浅野幸長・池田輝政・黒田長政・細川忠興が
石田屋敷へ討ち入りする様子が伺えます。

 

このような情勢で揺れ動く、真田家の動き方は非常に見ものだと考えます。

 

しかし、今回の動乱で印象的なのが藤岡弘、さんが演じる本多忠勝で
あまりにも似合いすぎです。

 

かつて演じた仮面ライダー1号は、バッタだったのですが
今回は完全にカブトムシです。

 

これは、三谷幸喜流のアレンジとユーモアさが出ています。

 

また草刈正雄さんが演じる真田昌幸は、完全に詐欺師で面白いです。

 

徳川家康を襲った、寺島進さん演じる出浦清盛が
今後、どのように活躍するかも見ものです。

 

※第33回「動乱」の視聴率(関東地方)は18.0%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す