真田丸第35回9月4日【犬伏】感想とややネタバレ(男性)



 
遂に、真田家を二分してでも生き残る話となりました。

『犬伏の別れ』で、真田丸の今後がどう進むのかは
多くの方がご存知の通りです。

信之は徳川、信繁は豊臣方に袂を分かつこととなります。

しかしこの話は、歴史の歯車として
やっと真田家が動き始めたに過ぎません。
 

スポンサーリンク



大阪では、石田三成と大谷吉継が結託し、豊臣方の大名が挙兵し
各大名の妻子を人質に取るという手段に出ました。

 

この中で、細川ガラシャの死は非常に大きいものであり
名将と呼ばれる細川忠興が、徳川方に付くといった原因にもなっています。

 

また、板部岡江雪斎が小早川秀秋を
徳川方に引きこ込もうと計略を進めるなど、時代の変化点になる話です。

 

やはり今回の見どころは、大谷吉継が話す内容を、石田三成が書き記す作業で
何度も作業が止まるところが、なんとも滑稽なところでしょう。

 

また、稲姫が沼田城に急いで逃げるといった話は
今後、重要な内容となります。

 

実際のところ、今回は笑いというよりも
信之の決断が、非常に重要なポイントです。

 

豊臣か徳川、どちらを選ぶかとなった犬伏での談義ですが
くじ引きという運で行く末を決める昌幸の行為に対し
信之が正論で、真っ向から説得する場面は、非常に印象深いです。

 

また、敵味方に分かれて戦うのではなく
どちらかが勝った際は、全力で助けるといった点は非常に見どころであり
再び親子三人で、膝を付き合わせて飲み交わすという誓い
その後の真田家が、苦難を乗り越え、そして時代を重ねることで達成されることとなります。

 

今後の話では、信之が上田城に籠り、徳川秀忠を足止めし
信繁は、大阪城で徳川勢を翻弄することとなります。


スポンサーリンク


しかしこれは、これから先の話であり
今後、二つに別れた真田家の動きが非常に気になります。

 

ですが、この行動に対する布石が以前の話でなされており
信之、そして信繁の祖母が「何としてでも生きる」
といった考えに因るものだと考えます。

 

実際に真田家は二つに別れ、信州上田の真田家
そして仙台真田家として、今でも存続しています。

 

信州上田の真田家は、信之の子孫であり、徳川方についたことでお家存続となりました。

 

しかし仙台真田家は、時代を経た後に、公のお家となりました。

 

実は仙台真田家は、宮城県仙台市ではなく
同県の白石市に隣接する、蔵王町の隠れ住んでいました。

 

それは信繁の子孫であり、片倉家との関わりもあります。

 

この蔵王町にも真田家ゆかりの郷があり、子孫の御廟が今でもあります。

 

お家を二分してでも生き延びた大名は、少なからず存在し
真田家の他に津軽家もあります。

 

そして、お家を二分した津軽家により
石田三成の家系も存続することとなりました。

 

現在では、上田祭りの総大将を
両真田家当主が行っていることも有名です。

 

※第35回「犬伏」の視聴率(関東地方)は15.0%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す