真田丸第41回10月16日【入城】感想とややネタバレ(男性)


 
今回の真田丸の「入城」は、真田信繁改め幸村が
「日本一の兵」と呼ばれる大阪の陣が、ついに始まります。

ストーリーもクライマックスになり、大阪の陣がどのように
三谷幸喜流に演出されるか、非常に期待が持てます。
 

スポンサーリンク



さて、大阪城に入城しても
豊臣方は、徳川方に恭順出来ない大名
仕官先を失った武将や侍、そして傾奇者の寄せ集めです。

 

しかし、このような中でも、強者は存在し
後に「大阪城五人衆」と言われる者もいます。

 

真田幸村、後藤又兵衛、毛利勝永、長曾我部盛親、そして
九度山村の真田屋敷に、使者として参った明石全登が
大阪城五人衆であり、徳川家康を脅かしたとも言われています。

 

今回の話では、この五人が大阪城へ続々と入城していきます。

 

さて、本題に入る前にちょっとした小ネタですが
オープニングの出演者に「真田信繁(幸村)」と記載されています。

 

これは、ちょっとした三谷幸喜流の演出だと思います。

 

ところで、幸村が九度山村からどう抜け出すのか気になりますが
家康は、昌幸の知略を受け継いだ幸村に抜け出されるのは
非常に面倒と感じていたようです。

 

その結果、家康は、九度山村の監視を強化させます。

 

それに対する幸村は、真田紐をの売り上げに貢献した
村人との宴を開きたいと提案します。

 

そんな中、真田信之は二人の息子のうち
どちらを嫡男として、家督を譲るか悩みます。

 

悩んだ末、長男の信吉を大将として、次男の信政が支えるということにします。

 

それは、稲姫からの進言であり、どちらが真田家の存続のために
必要な才能があるのかを、考えた結果だと思います。

 

これは、昌幸を参考にしたのでしょう。

 

武芸に秀でた信繁よりも、信之の才能が
太平の世に必要なことだと話していましたから
信之も、それを認識していたのでしょう。

 

さて、九度山村からの脱出ですが、宴が開かれ
どうやら村長が協力している様相であり、監視役を宴へ引き入れます。

 

そして踊りを見せながら、徐々に監視役の目から消えていく
そのような方法で、脱出していきます。

 

酒が入ってしまった監視役は、気分が良くなり舞を披露しようとしますが
米の研ぎ汁が出され、図られたことを察知します。


スポンサーリンク


村長は、まんまと寺に逃げたのではないかと考え
脱出の手助けをしますが、そこに真田一門は誰もいません。

 

そして、村長は高野山だから寺は沢山あると誤魔化し
脱出の手引きをすることとなりました。

 

幸村の脱出時に、新しい九度山村で
新しい仲間が、近道を知っているということで加わります。

 

しかし、九度山村から脱出したことは、家康に既に筒抜けであり
服部半蔵が刺客として送られます。

 

その結果、佐助と半蔵が戦いますが
幸村、内記、佐助に追い詰められてしまいます。

 

ここで、三谷幸喜流の演出が炸裂、ハッタリで半蔵は逃げます。

 

その際に、CG映像が利用されるのは、笑いです。

 

そして幸村は、大阪城へ老人に変装して入城しますが
後藤又兵衛や毛利勝永には「老け込んだ」と思われてしまいます。

 

しかし、この変装はあまりにも、現代の特殊メイクがバリバリで
ちょっとした突っ込みどころがあります。

 

今回の話のクライマックスは、兵糧米の心配から堺港や
徳川方の、大名屋敷の兵糧米を接収する案を考えます。

 

これは、10万の陣容を如何に長期的に運用するか
そういう考えから生まれた案でしょう。

 

そもそも、兵站が伸びきる徳川方によっては
食料事情は、戦の長期化により大きな士気低下を招きます。

 

やはり幸村は、籠城により、徳川方を翻弄することを考えたのでしょう。

 

しかし、今回の一番の突っ込みどころは
家康が年老い、若干ボケ気味であることです。

 

歴史に、もしはありませんが、大阪の陣がより長期化していれば
豊臣方に勝機が傾いた可能性は、高かったのかもしれません…

 

※第42回「入城」の視聴率(関東地方)は15.4%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す