真田丸第43回10月30日【軍議】感想とややネタバレ(男性)



 
真田丸第43回の感想を書かせて頂きます。

この回のテーマは、文字通り軍議です。

圧倒的な徳川の大軍を相手に、どうやって戦うのか
延々と軍議をすることになります。
 

スポンサーリンク



豊臣家重臣と、浪人衆5人組が集まった軍議で
豊臣側は、篭城を提案します。

 

この提案に、浪人衆は賛同しますが
ただ1人、幸村だけは野戦を提案します。

 

大阪城に立てこもらず、京、伏見、大津方面に進軍して
一気に家康の本隊を叩くべきだと、そう主張するのです。

 

これに対し、浪人衆と豊臣家は総がかりで、この策を否定します。

 

これではどうにもならないので、幸村は自分の策を通すため
浪人衆5人組を切り崩すことを考えます。

 

この5人組のうち、後藤又兵衛だけは
折り合いが悪いので、引き込むことが出来ませんでしたが
他の3人を取り込むことに成功します。

 

これで、幸村の策が総がかりで否定されることはなくなったので
味方についてくれた浪人衆とともに、幸村は自分の策を押し通そうとします。

 

いくら大阪城に立てこもっても、その次の手がない以上負けは必至
だから討って出るしかないという主張、は説得力があったので
議論の末、最終的には、後藤又兵衛だけでなく豊臣秀頼もこの策に同意します。

 

しかし、ここで淀殿が、秀頼に猛烈な圧力をかけてきます。


スポンサーリンク


幸村はまだしも、あとの浪人など、いつ裏切るかわかったものではない
大阪の城に入れて監視しないと、何をしでかすかわからない
だから篭城以外の策はありえない、そう強硬に主張する淀殿に秀頼が折れ
結局、豊臣方は不利を承知で篭城することになります。

 

そこで、今回の真田丸は終わります。

 

今回の真田丸で注目すべき点は、豊臣方の意思決定のプロセスが
無茶苦茶であるところだと私は思います。

 

一応、豊臣方の総大将は豊臣秀頼なのですが
彼は基本的に何も言わないので、総大将が何を考えているのか
下の者は分かりません。

 

それで、各自がバラバラに議論することになるのですが
そこで決まったことが、簡単に淀殿に引っくり返されます。

 

これでは、軍議の意味がありません。

 

それでも、淀殿が
ナポレオンのような戦の天才であったら問題ないのでしょうが
淀殿は、戦の素人です。

 

これで、徳川方に勝てるはずがありません。

 

もし、豊臣家に豊臣秀長(優秀な秀吉の弟です)のような人物がいれば
こうはなっていなかったのでしょうか?

 

そういう人が豊臣家にいなかったことが、幸村の不幸だと言えます。

 

こんな状況で、あれだけ徳川家と戦えた彼ら浪人衆は
本当に、大したものだと思います。

 

上の意思で、不利な篭城策を押し付けられた幸村が
一体どうやって強大な徳川軍と戦うのか
次回の真田丸も楽しみです。

 

※第43回「軍議」の視聴率(関東地方)は14.5%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す