真田丸第44回11月6日【築城】感想とややネタバレ(男性)



 
今回の真田丸は、豊臣家に助太刀するために入城した真田幸村が
真田丸を築城する内容でした。

まさにタイトル通り真田丸・築城。

豊臣方が徳川を倒すため、第一策として
打って出ることに決まったが、一転して
籠城することになり、その対策として出城を築くという策を
大蔵卿や織田有楽斎が、横やりを入れて潰そうとしましたが
真田幸村の信念を、豊臣秀頼が受け入れて築城し
真田丸が完成する内容でした。
 

スポンサーリンク



いつの世も、権力のあるものに発言力があります。

 

今回も、真田幸村が率いる浪人衆の意見は
権力がある者たちに邪魔され、イライラしながら見ていました。

 

こういう人たち程、自分たちに危害が加わると分かった瞬間に
掌を返すの奴なのに~などと考えてしまいました。

 

しかしながら、井上順さんはこういう役をやらせるとうまいな~
と逆に感心してしまいます。

 

一方で徳川方は、着々と戦の準備を進めていきます。

 

徳川家は、もとより各地から大名を集め
総力戦のような形で、大坂城を囲むつもりです。

 

その中には、真田家や関ヶ原の戦いの時には敵対していた
上杉家など、徳川の時代でも生き残った大名がいました。

 

このころは、大大名だった上杉家も、徳川家につく以外
生き残る道は無かったのではないか?

 

と思いながら見ていました。

 

また、徳川家康を演じる内野聖陽さんが
家康の年齢を重ねながら、上手く演技をしているところは
さすがはベテラン俳優だと感じながら見ていました。


スポンサーリンク


初回からずっと見ていますが、本当に年代年代で
家康の演じ方が全然違います。

 

家康のことを考えながら演じているんだなと思って
見ていて関心してしまいます。

 

特に今回、城攻めをするために塹壕を作るシーンは
見事だったように思います。

 

いつの世も、権力者に目を付けられたら、選択肢は二つに一つ。

 

戦うか、従うか!

 

どちらも地獄になります。

 

戦を選べば、圧倒的戦力差の前で戦をしなければならず
従えば、骨の髄までしゃぶられる。

 

豊臣方は、北条家に対して行ったことを、徳川にされています。

 

この時代、不条理と言ってしまえばそれまでかもしれませんが
いつの世も、似たようなことが行われています。

 

このようなことにならないためにも、戦にならず
平和な時代が続くといいな、と思いながら見ていました。

 

今回は、赤備えの鎧や兜が試作品として登場しましたが
次回はついに、真田の赤備えが見れるのかなと期待しています。

 

それにしても、三谷幸喜さんは、塹壕など
いろいろ細かな演出を入れてくるのが上手いですね。

 

※第44回「築城」の視聴率(関東地方)は15.3%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す