真田丸ゆかりの人物【赤備えの元祖】飯富虎昌という武将に迫る



 
真田幸村といえば赤い鎧の軍
すなわち赤備えで有名です。

戦場において
赤い鎧は非常に目立ちます。

普通なら戦場で目立つ鎧は
狙われやすいので避けるのですが
それをあえてすることで
己の強さを誇示する特別な軍隊
それが赤備えなのです。

その赤備えで有名な武将が
真田幸村の他にも3人います。

そのうちの1人が飯富虎昌です。
 

スポンサーリンク


飯富虎昌と武田赤備え

飯富虎昌は武田信虎、信玄の
ニ代に仕えた武田の重臣で
北条氏綱や諏訪頼満といった
有力武将を打ち破り
勇名を馳せました。

 

その後、虎昌は他の重臣とともに
主君武田信虎を追放し
武田晴信(信玄)を擁立
虎昌は武田の大幹部として
各地を転戦し
おおいに活躍しました。

 

そんな彼が始めたのが
かの有名な赤備えです。

 

見込みのありそうな人々を集め
赤色(朱色)の鎧甲冑を着せて
組織化し訓練しました。

 

戦場では、この赤の部隊が
危険な箇所に猛然と切りこみをかけ
大きな戦果を挙げました。

 

それは近隣の諸大名に
「赤備えは特別な精鋭部隊である」
と思わせるには十分でした。

 

そして勇名を挙げた赤備えは
武田家重臣である山県昌景に受け継がれ
ここでも大いに活躍しました。

なので、山県昌景も
赤備えとして有名です。

 

その赤備えは武田家滅亡後
一人の武将に受け継がれました。

井伊の赤鬼

徳川家は武田家滅亡後
積極的に武田家の家臣団を
登用しました。

 

その家臣団が大量に配属された先が
徳川家重臣である
井伊直政の部隊です。

 

直政の部隊には赤備えで有名な
山県昌景に仕えていた人々が
大量に含まれており、井伊直政も
飯富虎昌や山県昌景のように
自らの部隊を赤備えにしたのです。


スポンサーリンク


井伊の赤備えは家康が秀吉を破った
小牧・長久手の戦いで
先陣を切って戦い、秀吉の軍に
大打撃を与えました。

 

彼らは井伊の赤鬼
という通り名が付くほど
恐れられるようになりました。

 

武田、徳川で赤備えの部隊が
何度も活躍した結果
赤備えの強さは
天下に轟くことになりました。

赤備えといえば幸村

赤備えを最後に受け継いで
最大の活躍をした武将がいます。

 

それが真田丸の主人公
真田幸村です。

 

真田幸村も赤備えで有名だった
武田の旧臣であったので
自らの部隊の色を赤に統一して
赤備えを編成しました。

 

この真田の赤備えは大阪冬の陣
真田丸の戦いで
その強さを示しましたが
彼らの見せ場はその後に訪れました。

 

大阪方が野戦に引きずり出された
大阪夏の陣で、真田幸村は
自らの赤備えを率いて、徳川本陣に
捨て身の突撃を仕掛けたのです。

 

普通ならこんな無謀な突撃が
通るはずがないのですが
名将真田幸村と真田の赤備えは
それを可能にしました。

 

本陣を守る
重厚な徳川の防御陣を突破し
ついに徳川家康の
本陣に突入しました。

 

この強さの前に
徳川家康は本陣を捨てて敗走
その後徳川方が盛り返し
真田の赤備えは壊滅しますが

圧倒的劣勢の状況であるにも関わらず
徳川家康の本陣を陥落させた
真田の赤備えの強さは
天下に示されたのです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す