真田丸ゆかりの人物【信繁の姉(松)】寵愛された木村佳乃


 
真田丸に元気を与える
愛しき長女。

信幸、信繁に生涯慕われた
優しき姉。

裏切り者の一族を持つ夫の
良き理解者で頼れる妻。

両親が誇る愛しき真田家の娘。
 

スポンサーリンク


信繁の姉・松

真田丸では、松として
登場している真田昌幸の長女
史料に残る名は
村松といいます。

 

1565年に生まれた村松は
小山田氏の茂誠に嫁ぎます。

 

村松という名は呼び名であって
正式名は於国
というのが有力です。

 

夫・茂誠が小県郡村松を
領地としたことから
村松殿と呼ばれています。

 

淀殿などと同じ感覚ですね。

 

真田家が織田家に従ったとき
人質に娘を送っていますが
村松であった可能性が高いですが
定かではないようです。

 

村松に関しては
あまり史料が残っていませんので
これ以上わかることはないのですが
弟達には慕われていたようで
真田家の家族の絆がうかがえます。

 

ところで真田家
世に名前が上がるのは
昌幸、信幸、信繁の三人ですが
家系図を見ると、昌幸には
あと二人の男の子と
四人の女の子がいるのでした。

真田丸での、松の活躍

では、真田丸本編における
松を見ていきたいと思います。

 

物語では、とてもお転婆というか
活発で明るい女性
という感じです。

 

夫の小山田茂誠が
優しく大人しめな印象なので
対照的ですが、だから
好相性なのだろうと思います。

 

二人の弟たちともたいへん仲がよく
特に好奇心旺盛で無茶をしがちな
信繁とは馬が合うようです。

 

本能寺の変のとき
信繁は15歳でした。

 

ということは
松は17歳
なるほど…
それであのおてんばぶりなら
なんか納得な気もします。


スポンサーリンク


おてんばではありますが
夫・茂誠への愛情の深さ
作品からもよく伝わってきます。

 

茂誠の松への愛情も
たっぷり伝わりますので
仲睦まじく理想的なカップル
と言えますね、羨ましい。

 

今後の展開にも期待です。

松を好演、木村佳乃

真田丸で主人公真田信繁の姉
松を演じている木村佳乃さん。

 

明るく元気なイメージ
スポーツが得意な印象も
強いのではないでしょうか?

 

真田丸での役柄も
そんな木村さんのイメージに
ピッタリ合っている印象です。

 

そんな活発な性格は
ロンドン生まれの
ニューヨーク育ちという
海外での生活環境
大きく影響しているのかもしれません。

 

とにかく笑顔が似合う女性
という印象があります。

 

そのうえシリアスな役から
悪役までも見事にこなし
女優としてのその幅広いご活躍には
目を見張りますよね。

 

英語が堪能ということでも有名で
まさに才色兼備ですね。

 

さて、お松。

 

真田丸での今後の登場が
どの程度なのかはわかりかねますが
明るく元気な振る舞いで
真田家を盛り立ててほしいです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す