真田丸第25回6月26日【別離】感想とちょいネタバレ(男性)


 
真田丸第25回の感想を書かせて頂きます。

今回の感想を一言で言うと、暗い回です。

今回の話では、秀吉の息子鶴松と
側近である千利休の死がテーマになっています。

鶴松の死は、腹を切らされた利休の祟りではないか?
この祟りは、なんとかならないか?

ということで話が進んでいくのですが
祟り(と皆思っている)の原因である利休の死について
真田丸では、独特の脚色がされています。
 

スポンサーリンク



普通の歴史ドラマや小説では、利休は秀吉の短気や耄碌(もうろく)の犠牲になった
という被害者的な描かれ方が主流です。

 

しかしこの真田丸では、豊臣家の敵である北条家に
鉄砲弾の原料である鉛を流したことが死の理由になっています。

 

つまり利休は

「お前は豊臣家の敵に武器を売ったのか」
「利益次第でいつ裏切るか分からない奴が豊臣家の中枢にいては困る」

という理由で、除かれたのです。

 

これだと利休は、秀吉の専横の被害者ではなく
自業自得で身を滅ぼしたということになります。

 

さらに言えば、今度の利休粛清劇は秀吉ではなく、その下の石田三成や大谷吉継が主導権を握って
秀吉は「よきにはからえ」という程度の関わりでしかありませんでしたが
これも歴史ドラマとしては、かなり変わった描かれ方です。

 

この辺(秀吉は利休を殺す気がほとんどなかった)は、真田丸の個性の一つと言えるでしょう。


スポンサーリンク


これら利休関連のシーンが終わった後、秀吉に近い者たちの間で
鶴松快癒のために、願掛けで水垢離をしようというシーンが出てきます。

 

ここで福島正則や加藤清正が、石田三成を誘うのですが、三成はそっけなく断ります。

 

それを聞いた清正たちは

「お前を誘ったのが間違いだった」

と去って、外で水垢離をはじめます。

 

すると、そこで三成が何食わぬ顔で現れ(願掛けのために)
上半身裸になって水を浴びはじめたのです。

 

さすがに私も、このシーンを見た時、こう思わざるを得ませんでした。

 

「この男・・・ツンデレだ」と…

 

少し前の大河ドラマ「黒田官兵衛」に出てきた石田三成は
石田ゲス成といえる性格をしていましたが
真田丸の石田三成は、石田・ツンデレ・三成としかいいようがありません。

 

個人的には、そんな三成の性格が微笑ましく思えます。

 

しかし、その三成の願掛けもむなしく、鶴松は息を引き取ってしまいます。

 

豊臣家中は悲しみに包まれ、ドラマ全体に暗い雰囲気が漂いはじめます。

 

そして緊張の糸が切れた茶々(淀殿)が号泣したところで
今回の真田丸は終わります。

 

暗雲漂う豊臣家の中で、主人公真田幸村はいったい何をなそうとするのか
次回の真田丸も楽しみです。

 

※この他にも第25回「別離」の感想がありますので読んで下さい。

真田丸第25回「別離」の感想(女性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す