真田丸ゆかりの人物【茶々(淀君)】豊臣との生涯~竹内結子


 
農家の出から成り上がり
一代で豊臣家を興し
天下人にまで登りつめた
豊臣秀吉。

おなご好きで知られる彼は
たくさんの妻を
持ったことでも有名ですが
その中で、世継ぎとなる
嫡子を産んだのは
側室である淀君だけでした。

浅井三姉妹の長女
茶々の生涯を見ていきます。
 

スポンサーリンク


二度の落城

浅井家と秀吉は
とても数奇な運命
結びつけられています。

 

小谷城城主であった父
浅井長政と、織田信長の妹である
母・お市の方との間に
生まれた茶々。

 

同盟を組んでいた
織田家と浅井家でしたが
織田家と朝倉家の対立により
浅井家も織田家と激突します。

 

元々浅井家は
朝倉家と同盟関係にあり
織田家よりも
縁が深かったんですよね。

 

彼女がまだ幼い頃、浅井家は
信長によって滅ぼされます。

 

父は自害に追い込まれ
長男は処刑されます。

 

この時、長男に手を掛けた
実働部隊が秀吉でした。

 

その後、母お市の方と
浅井三姉妹
織田家にて過ごします。

 

信長が本能寺の変で散ると
お市の方は織田家重臣
柴田勝家と結婚
三姉妹を連れて
北陸の北ノ庄城へ移動します。

 

柴田勝家と羽柴秀吉との間で
勃発した、賎ヶ岳の戦いにおいて
勝家が敗北すると
母は勝家と共に自害しますが
三姉妹は
憎き秀吉に引き取られます。

 

ここまでも
波乱の人生を歩んできた
茶々ですが、この後の人生も
また激動に富んでます。

淀と豊臣と徳川

秀吉は、お市の方に
恋い焦がれていました。

 

茶々は、その容姿が
お市の方に似ていたと言われ
秀吉は、茶々を寵愛します。

 

茶々にとっては
父の、母の、兄の仇である
秀吉ですが
これも乱世の宿命、今は
身を置く元の主人です。

 

やがて秀吉の側室になると
茶々は次第に秀吉に懐きます。

 

秀吉の愛を受け入れたのか
魅力に魅かれたのか
はたまた
別の意図があったのか

諸説ありますが
真意は本人のみぞ
知るところでしょう。


スポンサーリンク


淀君という名前の由来は
秀吉が茶々出産にあたり
淀古城を与えたことに
由来しています。

 

後継ぎとなる
秀頼を産んだ茶々は
側室ながら

正室である「おね」よりも
上の立場で振る舞い
秀吉が没すると、豊臣の
実権を握るようになります。

 

その後は、豊臣を守るため
徳川家康と断固対立しますが
大坂の陣にて敗れ
息子と共に命を絶ち
豊臣滅亡の末路を辿りました。

茶々を演じる、竹内結子

真田丸で茶々を演じるのが
竹内結子さんです。

 

人気女優さんで
とても綺麗ですよね。

 

また、活発で元気という
イメージもあります。

 

ドラマや映画はもちろんですが
個人的には、CMでよく見かける
イメージがありますね。

 

竹内さんのことを
好きな方は
多いんじゃないでしょうか?

 

嫌いな人がいないんじゃないか
というくらい
好印象を与える
女性だと思います。

 

以前、テレビ番組で見たのですが
竹内結子さんの印象を
街ゆく方々に
インタビューしてたんです。

 

そうしたら案の定
みんなが声を揃えて
竹内さんのことを
好きと言ってましたよ。

 

ある女性は

 

「世の男性って
学生は有村架純さん
30代40代は竹内結子さんと
結婚したいんじゃないですか?」

 

と言ってました。

 

納得ですね。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す