真田丸ゆかりの人物【竹林院】信繁正室の予想と発表~松岡茉優


 
大谷吉継の娘
真田信繁の正室
死後の戒名が竹林院

ということはわかっているものの
史料が乏しく、その人物像は
ほとんど明かされていない
謎の多い女性です。

真田丸で、信繁が脚光を浴びるので
この正室につきましても
これから解明されていくことを
期待します。
 

スポンサーリンク


竹林院とは?

史料的に、信繁の正室であることは
間違いないようですが
実のところ、大谷吉継の娘なのか
姪なのか、妹となのか
はっきりわかっていないほど
現時点では謎の多い女性です。
 

真田幸昌(信繁の嫡男)をはじめ
何名かの子供の名前も
残っているようですが
これも定かではありません。

 

関ヶ原の合戦後は
信繁と一緒に九度山に幽閉され
その際に、生活の支えとなるべく
真田紐
考案したとされています。

 

優しい性格で
子供思いだったようで
大坂の陣にて、信繁と一緒に
大阪城へ入城した息子
幸昌のことを
いつも案じていたそうです。

 

大坂夏の陣後、娘たちと
一緒に隠れていたところを
徳川勢に見つかるも
家康に許され無罪となり
その後は京都で余生を送りました。

他にも謎な姫のお話

竹林院は、その生涯が
謎に満ちた女性
どこか影があるような
印象を受けます。

 

そこで、この章では
戦国時代において
竹林院と同様に、謎めいた女性を
何名か書いて行こうと思います。

 

・種姫

 

江戸時代に
滝沢馬琴が書いた創作話の
「南総里見八犬伝」

 

南総を所有した
里見家にまつわるお伽噺で
ざっくり言うと
里見家の飼い犬と
伏姫という名の姫が
結婚するお話です。

 

この伏姫のモデルとなったのが
里見家六代目義堯の娘
種姫と言われています。


スポンサーリンク


有名なお話のモデルですが
種姫については、夫を
里見家と北条家の国府台の戦いで
亡くしたということ以外に
ほぼほぼ知られていません。

 

ただ、信仰心は
厚かったようです。

 

・濃姫

 

織田信長の正室にして
斎藤道三の娘です。

 

結婚前は、帰蝶という
呼び名でもありました。

 

この濃姫ですが
明智光秀と従兄妹だったことや
信長へ輿入れの際に
父・道三に短刀を持たせられ
信長がうつけだったら殺せ
と命じられたものの

信長はただのうつけではない
と道三に報告したという
有名な逸話がありますが

道三が、息子・龍興に
殺された頃から
史料から姿を消します。

 

信長の正室であるにもかかわらず
ほとんど史料が残っていなです。

 

つまり、何か彼女にあった
と思われるのですが
もはや闇の中という謎なお方です。

竹林院を演じる、松岡茉優

真田丸で信繁の正室
竹林院を演じるのが
松岡茉優さん。

 

当初、この役は
菊池麻衣子さんや
吉高由里子さんなどが
候補として予想されていたようですが
若手女優の
松岡さんに決まりましたね。

 

元々は、おはスタのおはガールを
務めた経験もある松岡さん。

 

おはガール後は、女優業に専念しますが
松岡さんが一躍世間的に
注目を浴びるようになったのは
NHK朝ドラの「あまちゃん」
ではないでしょうか。

 

あまちゃんでは
主人公天野あきが所属する
アイドルグループGMT
リーダー役で活躍されました。

 

「あまちゃん」の後も
多くのドラマや映画CMなどに
出演され、さらには
バラエティ番組のMCアシスタント
雑誌対談のホスト役など
幅広く活躍されています。

 

最近は、彼女の顔を
テレビや雑誌などで見かけます。

 

明るく活発な
可愛らしさが好印象で
人気を集めていると思います。

 

個人的に、私も
この女性は好きです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す