真田丸どうでしょう【まとめ】大泉洋さんの信幸はイイ感じ



近年不振と言われ続ける大河ドラマ。

一般的に見ると、それなりの
数字や評価を得ていると思うのですが
やはり、そこは大河ドラマ
人気があって当たり前の宿命を
背負っているからこそ
批判もつきものです。

人気奪回に賭けた真田丸は
好発進を決めました。
 

スポンサーリンク


主役に拘らず

人気脚本家に
新進気鋭のヴァイオリニスト
豪華なキャスト陣が顔を揃え
さらには題材としたのが
戦国の大人気武将「真田幸村」

 

今年の大河ドラマに賭ける意気込みは、
並々ならぬものと伝わってきます。

 

主演の堺雅人さん起用は、
NHKたっての希望だったようです。

 

そんな堺さんはインタビューで
自分はクレジット的には
主役に名前を置くが
主役というよりは
2番手・3番手
という心構えで
演じているというようなことを
おっしゃられていました。

 

ドラマを観ると、信繁は確かに
主役なのでよく出てきますし
話の真ん中で
展開しているようにも見えますが
一方で名脇役的
存在感でもありますよね。

 

序盤はむしろ昌幸の方が
話の主導権を握る場面が多いのかな
と感じます。

真面目な信幸

まあ、真田家の
家族の物語である真田丸ですから
信繁が主役というより
真田家全体が主役であって

その中でそれぞれの人物が
主役にもなり脇にもなり
いいバランス
展開していくのでしょう。

 

にしても、真田丸を
一隻の船に見立てて
家族の話にするという発想は
面白いなと思いました。


スポンサーリンク


犬伏の別れから、東西に分かれての
関ヶ原の戦いに見るように
真田家はお家存続の為に
どちらに転んでもいいように
動きました。

 

たとえ敵味方
分かれようとも。

 

結果的に信幸が生き残り
以後真田家は守り続きます。

 

そんな実直な信幸を演じるのが
大泉洋さんなわけですが
私、出身が北海道なものですから
大泉洋さんは地元の英雄でもあり
好きなんです。

 

いつもはユーモア溢れる大泉さんが
真田丸では真逆ともいえる
真面目な役柄を好演しています。

 

これはお見事だと思います。

きりと梅と信繁

真田丸で、私がいつも
楽しみにしている場面として
きりと梅のシーンがあります。

 

身分は違うのだけれども
二人の会話を聞くと
仲の良さが伺えます。

 

と同時に恋敵でもありますね。

 

信繁を巡ってのストーリー展開は
とても楽しみです。

 

それと、きりちゃんは
口調
この時代っぽくないのが
特徴的ですね。

 

まさみさんのインタビューによると
三谷さんの演出ということです。

 

きりは、あえて現代口調にして
独特感を出したいとか。

 

きりの口調、賛否
呼んでいるようですが
私は好きですけどね。

 

なんか親しみが持てますし
長澤さんの雰囲気もあってか
戦国の殺伐とした空気感を
いい意味で壊すというか
楽しい雰囲気になると思います。

 

元気で気の強いきりと
ほんわかながら芯の強い梅は
いいコンビだと思いながら観ています。

 

こんな感じで、これからも
真田丸を楽しく
観ていきたいと思います。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す