真田丸第1回1月10日【船出】感想とややネタバレ(女性)



 
三谷幸喜脚本の
真田丸が始まりました。

東京サンシャインボーイズ時代からの
三谷ファンなので
とても楽しみにしていました。

以前、大河ドラマ新撰組の時は
あちこちから、散々
ダメ出しされてしまったのですが…

何かの記事で読んだのですが
大河ドラマで、不評だった脚本家に
再度声がかかるのは
とても珍しいとのことです。
 

スポンサーリンク



主演は、このところ絶好調の
堺雅人さん(真田幸村)

 

脇を固める俳優さんも
個性的な方が多かったです。

 

大泉洋さん(真田信幸)
内野聖陽さん、高嶋政伸さん
遠藤憲一さん吉田鋼太郎さん…

 

次回の予告では段田安則さん
などの顔も見え
豪華なキャスティングで
楽しみな反面、これだけ多くの
名のある俳優さんに

どうやってそれぞれの
見せ場を作っていくのか
ちょっと心配でもあります。

 

物語は、まだ幸村が
幸村と名乗る前の頃。

 

武田信玄亡き後
信玄の息子勝頼の家臣である
草刈正雄さんが演じる
幸村の父、昌幸が
真田家の中心の時代の話。

 

真田といえば「六文銭」ですが
まだその旗印も見られませんでした。

 

堺さんは軽快な演技で
リーガルハイを思わせる感じでした。

 

セリフ回しも
もしかしたら時代劇ファンからは
軽すぎるのでは?
と言われてしまいそうですが

当時若者だった幸村が
今の時代に生きてたら…

そんなふうに想像すると
楽しいなと思いました。

 

また、今の若者たちにも
その方が親しめる気がします。

 

三谷作品の「清州会議」の時も
そんなことを思いました。


スポンサーリンク


NHKの大河なので、時代考証は
きっとバッチリだと思いますが
なるべく史実に近づけてほしいです。

 

セリフの掛け合いの楽しさや
巧妙にはられた伏線に
気づく楽しさなども期待します。

 

今回は初回でしたので
堺さんの演技にばかり
目が行ってしまいましたが

今後、他の俳優さんたちの
演技も楽しみです。

 

歴史物は大筋はわかって見ますが
枝葉に流れた、たくさんの人生や事柄を
三谷脚本ならではの表し方で

月並みな表現ですが
笑って、泣けて
考えさせられるものになったら
楽しみが増えます。

 

真田家が生き残りのため
父昌幸が
今後どんな策をとっていくのか?

 

幸村、信幸は
どう生きていくのか?

 

歴史小説を読めば
すぐにわかりますが
それをどのような形で
俳優さんたちに演じさせるのか
次週以降また見ようと思います。

 

※この他にも第1回「船出」の
感想がありますので読んで下さい。

真田丸第1回「船出」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


1件のコメント

  • りんこ

    一回目、テンポが良くって、とても面白かったです。悲劇的な話を重く作ってしまうより、明るくわかりやすくいので若い人も観やすいだろうし。そうやって歴史を知るのもいいんじゃないかなと思いました。

コメントを残す