真田丸ゆかりの戦い【本能寺の変】を聞き徳川家康が伊賀越え


 
本能寺の変は、日本の歴史に残る
一大イベントです。

その一大イベントで、織田信長は
明智光秀に討たれて
生涯を終えるのですが、その時
後の天下人である徳川家康は
何をしていたのでしょうか?
 

スポンサーリンク


本能寺の変

本能寺の変は、織田信長の家臣である
明智光秀が謀反を起こし
本能寺に宿泊していた織田信長を
急襲した事件です。

 

この時、織田信長は
居城である安土を離れ
守りの手薄な本能寺に
宿泊していました。

 

なので、不意をつかれて
あっさりやられてしまったのです。

 

なぜ、信長は安土ではなく
本能寺にいたのでしょうか?

 

その理由は諸説あります。

 

羽柴秀吉の中国征伐に加わるため
本能寺にいたとも言われていますし
織田信孝や丹羽長秀の
四国征伐に加わるため
本能寺にいたとも言われています。

 

本能寺跡地の地図

 

どちらにしても、信長は
用事があって、安土を
離れざるをえなかったのですが
そこに間髪入れず
明智光秀が奇襲をかけてきたのです。

 

これでは信長といえども
ひとたまりもありません。

 

その結果、第六天魔王は
天に帰りましたが
その時、信長の盟友徳川家康は
どこにいたのでしょうか?

徳川家康の伊賀越え

実は、本能寺の変の時
徳川家康は大阪の堺にいました。

 

わずかな供とともに
堺見物を楽しんでいたところ
明智光秀の謀反
本能寺の変を知ったのです。

 

ここで徳川家康は困りました。

 

彼の領国は三河や駿河
つまり東海方面であり
ここは織田領、いえ旧織田領です。

 

なので、国に帰らねばなりませんが
明智光秀が近隣を抑えている上に
周りにいる旧織田の家臣たちが
この状況でどう動くのか分かりません。


スポンサーリンク


普通に道を通って帰るのは
あまりに危険な状況なので
伊賀の山奥から伊勢に渡り
そこから船で国に帰ることにしたのです。

 

これが世に言う
伊賀越えです。

 

伊賀の山奥は非常に道が険しく
精鋭である徳川軍団と言えども
苦労の連続でした。

 

それでも家康一行は歩みを進め
辛くも伊勢にたどり着き
そこから船に乗って
三河に帰ることに成功したのです。

 

ちなみにこの時、武田一族である
穴山梅雪も家康の近くにいました。

 

では、穴山梅雪は
どうなったのでしょうか?

穴山梅雪の最後

本能寺の変の知らせが
徳川家康に届いたとき
穴山梅雪は家康の近くにいました。

 

それから逃げる家康一行と合流し
ともに逃げるのですが
なぜか途中で穴山梅雪の一行は
家康の一行と別れ
別の道を逃げています。

 

この後の穴山梅雪がどうなったのか
ニつの説があります。

 

一つ目は、本国に逃げる途中で
土民に襲撃され
あえなく最後を迎えた説と

 

二つ目は、一揆に襲われて
その場で最後を迎えた説です。

 

穴山梅雪が襲われた理由についても
諸説あります。

 

ただの物取り目当てに襲撃された説と
家康と勘違いされて襲われた説など
いくつかの説がありますが
どれが正しいのかは
現在でも分かっていません。

 

ただ、穴山梅雪が国に帰れず
最後を迎えたことだけは確かです。

 

家康とともに逃げなかったことが
彼の不運と言えるでしょう。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す