真田丸ゆかりの地【箕輪城】北条家VS滝川一益・神流川の戦い


 
上野国と武蔵国の
国境付近を流れる神流川
今でいう群馬県と埼玉県の
県境あたりです。

この神流川を挟んで
織田家重臣・滝川一益と
北条家の氏直・氏邦を
中心として戦ったのが
神流川の戦いです。

戦国時代における
関東地方で行われた
最大の野戦といわれています。
 

スポンサーリンク


戦いのきっかけとは

織田家は1582年2月に
甲州征伐を開始
翌月に武田家が滅亡したことで
これを成し遂げます。

 

信長は滝川一益に、上野一国と
信濃の一部を所領に与え
関東統治の責を任じます。

 

武田家と上杉家は
御館の乱を機に同盟を結んでおり
甲州地方は武田家が
ほとんどを支配していました。

 

その頃北条家は、織田家と
同盟を結んでおりましたが
甲州征伐における
北条家への加増はなく
両家の関係は
冷えた間柄となっていました。

 

そして本能寺の変勃発。

 

これに乗じ
北条家は動きます。

 

北条氏政は表向きは滝川一益に
協調関係を保つ旨の
書状を送ってはいるものの
総勢5万を超える大軍を引き連れて
上野侵攻へ兵をあげます。

 

一方の一益、そもそも
上野をおさめるようになってから
まだ数ヶ月しか経っておらず
十分な準備ができていませんでした。

 

なんとか集めた兵数は1万8千程度
北条家とは約3倍の差がありました。

神流川の戦い開戦

北条を迎え撃った一益は
初戦こそ、なんとか勝利するも
やはり兵力差は歴然。

 

協力を呼びかけた各勢力も
合戦参加に消極的であり
後詰め無しでは
持ちこたえるのは難しいです。


スポンサーリンク


翌日、第2ラウンドでは
大敗を喫します。

 

夕刻に敗走を始めた一益は
倉賀野城を経て
夜に厩橋城に入ると
戦没者の供養をした後
翌日箕輪城に入ります。

 

この時一益は、上州勢を城に集め
て別れの宴を開き、刀など
大切な品々を上州勢に贈り
別れを惜しんだと言われています。

 

そして一益は、故郷の
伊勢・長島に戻ります。

 

一益不在となった甲州地方は
上杉・北条・徳川の間で
領地争奪戦が勃発
「天正壬生の乱」
が始まります。

現在の箕輪城を訪れる

毎年10月に開催さされる
「箕輪城まつり」。

 

甲冑に身を包んだ人々によって
箕輪城攻防戦を演じるお祭りです。

 

箕輪城は
群馬県高崎市にありました。

 

箕輪城跡の地図

 

現在の箕輪城跡を訪れると
土塁や石垣などが
わずかに確認できます。

 

さらには、城の中間に位置した
大堀切や、本丸・二の丸
たくさんの曲輪、巨大な空堀など
当時の様子をうかがえる光景を
見ることができます。

 

この空堀は幅30メートル
深さ10メートルという
巨大なもので、この城の
 規模の大きさ を物語っています。

 

城は大堀切によって
南北に分けられていましたが
これは南北どちらかが攻め落とされても
もう一方から追撃できるように
との狙いだったようです。

 

天守閣はなく
館が立てられていたようですが
かなり大きな規模の
城だったことが想像できますね。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す