真田丸ゆかりの人物【北条氏政】北条家と沼田領地の因果関係


 
北条家による沼田城への執念は
すごいものがあります。

元々は御館の乱にて
この城を所有していた
北条家ですが
武田家の命で攻略にあたった
真田昌幸に奪われてしまいます。

その後も沼田城を巡って
真田家との揉めごとは続きます。
 

スポンサーリンク


北条、信濃へ侵攻する

武田家、織田家へと渡った沼田城。

 

本能寺の変を機に、北条氏政は
信濃侵攻に乗り出します。

 

氏政はどうしても
この地がほしかったんですね。

 

滝川一益を追い出し
真田昌幸らを取り込んだ北条家は
小諸城城主の依田信蕃を破り
城を占拠します。

 

その頃、徳川家康も
甲州地方奪取に乗り出しました。

 

依田を通じて、昌幸を調略し
北条家と対立をはかります。

 

この領地取り合い合戦には
上杉家も加わり
北条・徳川・上杉の間で
天正壬生の乱が起こります。

 

この戦いにおける
北条家のスタイルは
当主の氏直を大将に

氏政の弟で武勇に優れる
氏照・氏邦らが実戦部隊
氏政が小田原城から
物資や兵力の補給など
サポートに徹しました。

 

結果的に、この戦いでは
北条家が徳川家に敗北を喫します。

沼田城の行方

まずい状況に陥った北条家は
家康の娘・督姫を
氏直の正室に迎えることで
和睦という形で決着しました。

 

北条家と徳川家が和睦して
信濃と甲斐は徳川が
上野は北条が得るということで
両家は合意します。

 

これは和睦の条件の中に
うたわれてたんですね。

ところが昌幸は、沼田城を
北条へ引き渡すことを拒みます。

 

家康は当然怒りますね。

 

これで真田家と徳川家の
因縁が始まったんでしょうか?

 

昌幸は徳川驚異の防衛策として
上杉家と手を組みます。


スポンサーリンク


これにより真田家は
徳川・北条と
上田城・沼田城で
抗戦となります。

 

北条と真田の
沼田城を巡る揉めごとは
ここでもですね。

 

一方その頃、天下の覇権争いは
豊臣秀吉が、その地位を
固めていました。

沼田から小田原攻めへ

秀吉の天下統一へ向けて
やがて北条家も
豊臣に従うかどうかの
決断を迫られます。

 

秀吉は
氏政と氏直を呼び出しますが
氏政はこれを拒否。

 

北条家内でも
氏政に賛同する氏照・氏邦と
反対意見の
氏直・氏規とで対立します。

 

しかし結局、豊臣家への臣従を
良しとしない北条家は
上洛せずに軍備を整えるなどして
臨戦態勢をとります。

 

さて1589年、沼田領の
問題解決に乗り出した秀吉は
沼田城を含む
3分の2の領地を北条家に
名胡桃城など3分の1の領地を
真田家に安堵します。

 

しかし沼田城代の猪俣邦憲が
名胡桃城の城主
鈴木重則の家臣を調略し
城を奪取するという
事件が起きます。

これは惣無事令に反するとして
秀吉は激怒、こうして
小田原攻めへと繋がります。

 

結果的に史実を辿ると
氏政の沼田への思いが
北条家滅亡のきっかけに
なったのかもしれませんね…

 

歴史っておもしろいです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す