真田丸第16回4月24日【表裏】感想とちょいネタバレ(男性)


 
真田丸の第16回の
感想を書かせて頂きます。

この回は、いきなり真田幸村が
宙ぶらりんの状態になるところから
話が始まります。

といっても、物理的に
宙ぶらりんになったわけではなく
所属の話です。
 

スポンサーリンク



幸村は上杉の人質として
大阪に来たので、つまり
家臣の客人という立場でした。

 

しかし上杉景勝が
いきなり本国に帰ってしまったので
幸村は所属不明の状態になります。

 

それを秀吉から

「あいつは帰った。
お前の事は何も言ってなかった」

といきなり結果だけ告げられます。

 

常識的に考えたら
景勝のお気に入りである幸村が
何の言伝もなく幸村を
置いて帰るとは考えられないのですが
秀吉はそう告げます。

 

そこで幸村は

「私はどうすればいいのですか」

と問うと
じゃあわしの家臣になれ
と引き抜きをかけてきます。

 

その結果、幸村は
秀吉の馬廻衆
(親衛隊のようなもの)になり
大阪城で働くことになります。

 

そこで幸村は、宮廷陰謀渦巻く
大阪城を見る事になるのです。

 

馬廻衆になった幸村は
秀吉の親衛隊として護衛をするのですが
そこで茶々(後の淀殿)に気に入られます。

 

それはそれでめでたいことなのですが
前任者が茶々に気に入られたために
嫉妬した秀吉に消されたので
幸村は気が気ではありません。

 

後に実行犯である加藤清正が
俺が勝手にやったと言いますが
実際のところはよくわかりません。

 

そんな、戦働きとは違う
宮廷陰謀の世界で、幸村は
生き延びるために戦うことになります。


スポンサーリンク


その後、徳川家の女性たちが
なぎなたを訓練している
シーンに切り替わります。

 

そこで、豪傑本多忠勝が
自分の娘である稲を可愛がる
親バカ丸出しのシーンがあるのですが
この明るいシーンが
陰謀渦巻く大阪城との対比になっていて
実に印象深いです。

 

秀吉周辺がどろどろしていて
家康周辺がわりと爽やかなのは
大河ドラマの描写としては
珍しいといえます。

 

そして、真田家絶対絶命のシーンを経て
幸村が秀吉に
徳川の真田征伐を止めてくれと
必死に説き伏せるシーンに移ります。

 

この時秀吉は、これは家康の罠だと
必死に説き伏せる幸村に

「確かにこれは怪しい。お主の言う通りだ」

といって納得します。

 

ですが、秀吉は裏表がありすぎるので
これは本心なのだろうかと思っていると
案の定、秀吉は真田攻めを止めず
家康の真田討伐を認めます。

 

これはどうにもならないと
幸村が進退窮まったところで
再び茶々に出会い
16回目の話は終わります。

 

常識的に考えれば
この後、茶々を通じて
秀吉を止めようとするのでしょうが
これ以上、茶々に関わると
どうなるか分ったものではありません。

 

そんなハラハラするところで
今回の話が終わってしまったので
次回の話が早く見たいです。

 

※この他にも第16回「表裏」の
感想がありますので読んで下さい。

真田丸第16回「表裏」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す