真田丸ゆかりの人物【出浦昌相】真田を影から支える~寺島進



 
出浦昌相は、一般的には
出浦盛清の名で知られる
信濃国の武将です。

出浦昌相という名が
本名です。

真田家の家臣として仕えた
昌相は、元々は武田家に従え
甲州透破という
忍者集団の統率者でした。

武田→織田→真田と仕えた
武将です。
 

スポンサーリンク


いぶし銀・出浦昌相

上記のとおり出浦昌相は
武田家、織田家、真田家と
大きな勢力三家に仕えた武将で
忍び集団の統率者でもあります。

 

元々は、村上家に
従えていたようですが
村上義清が
武田信玄に敗れたことを機に
武田家に属します。

 

織田家に仕えていた時には
森長可に従えており
本能寺の変後に長
可が信濃から撤退する際には
ほとんどの信濃国衆が
長可を見限る中で
撤退に協力しました。

 

真田丸のドラマの中でも
このシーンはありましたね。

 

織田家の後は真田家に仕え
岩櫃城の城代も務めています。

 

真田丸でも
昌幸の考えに賛同し
共に動いている印象が強く
透波としての一面も
よく出ています。

 

以降は、真田家と共に
歩んでいくことになるので
今後の展開での役割にも
注目をしたいです。

武田の忍者集団

さて、武田家の
忍者の話が出ましたので
ここからは、出浦とは
あまり関わりないですが
武田家のくノ一集団
「歩き巫女」の望月千代女について
簡単に触れたいと思います。

 

望月千代女は
武田信玄の甥で
信濃豪族の望月盛時の
妻とされています。


スポンサーリンク


されていますというのは
今のところはっきりとした
確証がないためです。

 

その夫は、川中島の戦いで
戦死してしまいますが
信玄が千代女の
忍びとしての腕を買い
甲斐信濃二国巫女頭領に任命し
武田家のくノ一集団
「歩き巫女」の養成を任せます。

 

この時代ですから
親を亡くした少女たちも
あふれ返っていました。

 

そんな少女たちを集め
忍びの術を教え
全国各地に送り出します。

 

彼女たちの情報収集は
武田家にとって、とても大きな
役割を果たしたとされています。

出浦昌相を演じる、寺島進

真田丸で信濃の国衆
出浦昌相を演じるのが
寺島進さんです。

 

迫力ある顔立ちで
悪役のイメージが強い方ですね。

 

身長は165cm
思ったより小柄な感じですが
迫力があるので
大きさや凄みを感じます。

 

所属事務所が
オフィス北野という寺島さん。

 

そんなこともあり
かつての人気バラエティ番組
「風雲!たけし城」にも
攻撃員として
出ていた経歴があります。

 

結構意外な経歴ですね。

 

やはり、北野武監督の作品には
よく出演されていて
北野監督の映画は
極道ものが多いですから
外見の印象通りの役柄を
よく演じられています。

 

大河ドラマに出るイメージは
失礼ながら
あまり持っていなかったのですが
今回の出浦昌相という役は
暗躍する武将というイメージもあって
ハマっているのではないでしょうか。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す