真田丸第35回9月4日【犬伏】感想とちょいネタバレ(男性)


 
真田丸第35回の感想を書かせて頂きます。

今回の真田丸は、歴史的にも有名な犬伏の別れをテーマにしています。
なので、真田家がこの動乱でどう動くのかと言う真田家視点の物語と
石田と徳川の対決という、大きな視点での物語が同時並行で描かれています。
 

スポンサーリンク



真田家サイドの物語は、タイトル通り犬伏の別れをメインにしています。

 

徳川家から離れることを決めた真田家の面々は
家康本人に奇襲攻撃をかける機会を伺いますが
そこに石田三成から密書が届き
石田方が上方で挙兵した事を知らされます。

 

これは、上杉征伐どころの話ではなくなるということを悟った真田家の面々は
緊迫した面持ちで会議を始めます。

 

昌幸は、このどさくさにまぎれて大名として独立することを画策しますが

「もうそんな時代ではない」

と、2人の息子に強く止められます。

 

豊臣(石田)と徳川、どちらかにつかないとやられてしまうと主張する幸村に対し
それなら私は徳川方に付くから、お前と父上は豊臣方に付けと信之は返します。

 

それだと真田家が敵味方に別れてしまうという幸村に
いや、真田家は常に一つだと信之は返すのです。

 

つまり、真田家が敵味方に別れて敵側とは手切れするのではなく
敵味方に別れても、真田家、家族を最優先に考えることは変わらない

 

徳川方とか豊臣方というのは便宜上の区別に過ぎない
ただの方便であると信之は考えたのです。

 

この信之の考えが通り、真田家は表向き敵味方に別れて戦うことになります。

 

一方そのころ、挙兵した石田三成は大谷吉継に協力を求め、大谷吉継はそれに応じます。


スポンサーリンク


吉継という強力な味方を得た三成は、大阪にいた武将の家族を人質にしたり
伏見城を攻める準備をしたりと、西軍としての基盤固めを行います。

 

細川忠興の妻であるガラシャ(玉)が死んでしまうなど、トラブルもありましたが
決戦の準備を着々と進めていきます。

 

そこで、今回の真田丸は終わります。

 

今回の真田丸で注目すべき点は、犬伏の別れです。

 

今までの真田家では、家長である昌幸がすべてを決め
息子である幸村と信之はそれに従う、そういうパターンが多かったですが
今回は息子2人が主導権を握り、昌幸はそれに流されています。

 

独立勢力になることを目指す昌幸に

「父上、もうそんな時代ではありません」

と、幸村が一喝するシーンが、それを象徴しています。

 

今までは、周囲の流れに流されるだけだった幸村と信之が
自分の考えを主張して父親にそれを認めさせるシーンは
彼らの成長を、何よりもよく表していると言えるでしょう。

 

息子たちが成長し、偉大な父親と肩を並べるようになった真田丸
次回も楽しみです。

 

※この他にも第35回「犬伏」の感想がありますので読んで下さい。

真田丸第35回「犬伏」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す