真田丸第9回3月6日【駆引】感想とちょいネタバレ(男性)



 
真田丸第9回の
感想を書かせて頂きます。

第9回の感想を一言で言うと

「昌幸と幸村の
個性の違いが出てきた回」

と言えます。
 

スポンサーリンク



真田昌幸と幸村は、どちらも
名将と呼ばれていますが
そのカラーは明らかに違います。

 

真田昌幸は
調略や策謀を得意とする
表裏比興の武将であり

真田幸村は
巧みな用兵を得意とする
信念の武将です。

 

そのカラーの違いが
真田丸でも、だんだんと
鮮明に出てきました。

 

前回、真田昌幸が
戦国の世だからやむを得ないのですが
えぐい手段で
上杉と北条を手玉にとった件で
幸村は、その策略は凄いと認めながら
違和感を持ちはじめます。

 

この道は、本当に
自分の進むべき道なのかと
そう考えはじめたのです。

 

なので、幸村は
昌幸に絡みます。

 

父上は生き残るためなら
どんな手段でも
とるつもりなのですかと
そう問いつめるのです。

 

それに間髪入れずに、昌幸は

「そうだ」

と答えます。

 

この一件から、幸村は
色々なことを考えるようになり
自分の道を模索しはじめ

「真田日本一ノ兵」への

第一歩を、歩みはじめるのです。

 

その後、北条と徳川のごたごた
信濃国衆の動きなどが描写されますが
幸村は自分の考えの
軸になるものを見つけます。

 

「人を出来るだけ
死なせないように立ち回る」

 

それが策だと
彼は気がつくのです。

 

それが目的であり
調略や用兵は
そのための手段であると
彼はそう答えを出すのです。


スポンサーリンク


その後、第9回の重要なポイントである

「真田家が徳川家の傘下に入る」

イベントが起こります。

 

この短期間で織田について
上杉について、北条について
そして徳川につく

 

そして…

 

真田家が
諸国から信用されないのも
当然と言えるでしょう。

 

大河ドラマはたくさんありますが
ここまで短期間に
主家をコロコロ変える大河ドラマは
この真田丸くらいしか
ないのではないでしょうか?

 

そしてついに、真田・徳川連合と
北条との決戦がはじまります。

 

ここで、今まで
あまり役に立たなかった幸村が
土壇場で用兵の妙を
見せることに成功します。

 

大軍である北条の補給路を断って
北条を立ち往生させるのです。

 

その結果、劣勢だった徳川方が
攻勢に出て、北条軍が徹退します。

 

ここまでは真田側から見て
完璧に近い出来だったのですが

 

好事魔多し…

 

ここでとんでもないことが
起こってしまいます。

 

北条と徳川が
和睦してしまうのです。

 

今までの真田の戦略は
北条、徳川、上杉といった
大勢力がぶつかるなかで
上手く立ち回ることを
軸にしてきました。

 

徳川と北条が和睦してしまっては
この戦略が成り立たなくなります。

 

この大きな戦略が
破綻してしまったなかで
弱小真田は
どうやって生き延びていくのか
どう立ち回っていくのか…

 

それがわかる
次回の真田丸が楽しみです。

 

※この他にも第9回「駆引」の
感想がありますので読んで下さい。

真田丸第9回「駆引」の感想(男性)

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す