真田丸ゆかりの人物【直江兼続】愛兜の名参謀~村上新吾



 
「愛」の文字を
額に掲げた兜で有名な
直江兼続、彼は背も高く
美しい容姿をしており
言葉もハキハキと
朗らかな印象だったと
評されています。

幼い頃から上杉景勝に仕え
苦楽を共にしてきました。

名軍師として活躍した
直江兼続を見ていきましょう。
 

スポンサーリンク


樋口兼続の誕生

上杉家に仕えていた父
樋口惣右衛門兼豊は
どうやら下級士官だったようで
坂戸城の台所で薪などの
準備をする用人
といわれています。

 

兼続は、出自こそ
高くはありませんでしたが
幼い頃から、その賢さが
評判となり、上杉謙信の姉
仙桃院に見いだされます。

 

とても利口で活発だった
兼続のことを気に入り
景勝の近習に取り立てます。

 

こうして兼続と景勝は
幼少の頃から
兼続が死去する時まで
長きにわたり、共に
上杉家を守っていくのです。

 

さて、1578年
謙信が死去します。

 

実の子供がいなかった謙信には
景勝ともう一人
北条から養子にもらっていた
景虎という、2人の
あと取り候補がいました。

 

御館の乱にて
勝利した景勝は
晴れて上杉家の当主となり
兼続の立場も急上昇します。

直江兼続の誕生

景勝の側近という立場から
上杉家の宰相へと
飛躍した兼続、その後
さらに兼続の名を上げる
出来事が起こります。

 

ある日、景勝の側近であった
名門直江家の信綱が
殺害されます。


スポンサーリンク


信綱には、子がいなかったため
景勝は、名門直江家の
断絶させないようにと
信綱の妻であったお船の方が
兼続を選び
直江家を継がせます。

 

ここに、直江兼続が
誕生しました。

 

余談ですが、ゲームの
信長の野望をプレイしている時
樋口兼続がゲーム終了まで
樋口兼続の名前のままの時
ありますよね?

 

そういう時、なんか悔しいです。

 

景勝の右腕として
上杉家の経済基盤を
一手に担った兼続は
外交交渉などにも
長けた能力を発揮し
秀吉にも才を認められます。

 

政治だけではなく
学問や兵法などにも
精通していた兼続は
戦国を代表する
名将となったのでした。

直江兼続を演じる、村上新吾

真田丸で愛と義の人
直江兼続を演じているのが
村上新吾さん。

 

直江兼続というと
過去の大河ドラマでも
彼を主役とした作品
「天地人」がありましたね。

 

配役に注目していましたら
今回の真田丸では
村上新吾さんが
キャスティングされました。

 

この方、あまり知られていませんが
NHK大河ドラマには、なかなか縁強くて
真田丸を含めて、このところ
4年連続で出演中
なんですよね。

 

一昨年の軍師官兵衛では
大谷吉継を演じていました。

 

大河にも、真田幸村にも
縁強い方のようですね。

 

仲代達矢さん主催の
「無名塾」出身の役者さんで
舞台・ドラマ・映画などで
活躍中です。

 

歴史上の人物の中でも
特に人気の高い直江兼続
彼の魅力を
どう引き出してくれるか
村上さんの演技に注目したいです。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す