真田丸第45回11月13日【完封】感想とちょいネタバレ(男性)



 
真田丸第45回の感想を書かせて頂きます。

この回は、大阪冬の陣で一番有名な戦である
真田丸の戦いをテーマにしています。

徳川方の大軍を、文字通り完封する真田勢の戦いは
見ていて胸のすく思いがあります。

真田丸を見ていてよかった、そう思える良回だと言えるでしょう。
 

スポンサーリンク



そんな真田丸第45回は、大阪城に巣食う
内通者のあぶり出しから始まります。

 

大阪方の大将が、城内にいるときに砦が攻め込まれたり
大阪方の準備が整う前に、砦が攻め込まれたりと
徳川方の動きがあまりに良すぎることに、幸村は気が付きます。

 

そこで幸村は、目をつけていた織田有楽斎に
あえて大阪方の情報を流します。

 

「今、あの西の砦を攻められたらたまったものではないので
急いで防御を強化しています」

 

そう有楽斎に伝えたのです。

 

その後、また徳川方がタイミングよく動き、その西の砦を落としたのを見て
幸村は内通者を特定します。

 

しかし確実な証拠がないので、とりあえず有楽斎を放置した幸村は
かねてより温めていた、真田丸に敵をおびき寄せる計画を実行に移します。

 

徳川方の先鋒である、前田、井伊の軍勢を真田丸におびき寄せた幸村は
真田丸内で爆薬を爆発させるという奇策を使い、敵の攻撃を誘います。

 

「敵陣内で爆発音がしたということは、敵に内通者がいるのでは」

 

と考えた前田・井伊の軍勢は、この機会を逃さずに総攻撃を開始
これを見た幸村は、この軍勢をギリギリまでひきつけたあと
一斉攻撃を仕掛けます。


スポンサーリンク


空堀のせいで攻めあぐねている敵軍に
鉄砲、投石の一斉攻撃を行う真田の戦の前に
前田・井伊の軍勢は力及ばず敗走します。

 

そこに容赦なく追撃を仕掛け、文字通り敵を完封した真田勢が
真田丸に凱旋して勝ち鬨を挙げたところで、今回の真田丸は終わります。

 

今回の真田丸の感想を一言で言うと、非常にかっこいい回でした
徳川の大軍の前に次々と砦を落とされていき、少しずつ劣勢になっていく大阪方
内通者が暗躍している上に援軍も来ない。

 

そんなどうしようもない状況の中で、攻め寄せる敵を完封し
味方に勝利の喜びを与える真田幸村は、まさに主人公の風格と言えました。

 

さらに言えば、真田丸の戦いで実に堂々と指揮をとっていた幸村が
傍らにいた武将の「さすが天下の名将」との賛辞に対し

「誰にも言わないでほしいのだが、実は私は
まともに大軍の指揮をとったことなんてないんだ」

と返すシーンは、(経験のなさをハッタリでごまかすしかないという)
彼の本心がよくわかるシーンで、実によかったです。

 

ハッタリの名将が、本当の名将になった今回の真田丸は
真田丸史上の中でも傑作といえる回でした。

 

この勢いのまま、次回も行ってほしいものです

 

※第45回「完封」の視聴率(関東地方)は15.2%でした。

 

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す