真田丸ゆかりの人物【幼なじみ(きり)】長澤まさみの熱い眼差し



 
真田丸のヒロイン。

真田家重臣・高梨内記の娘。

信繁の幼なじみであり
生涯のパートナー。

信繁の波乱に満ちた人生を
影で支え続けたひとりの女性。

その名を「きり」。

ここでは、そんなきりの
気になる人物像に
迫っていきたいと思います。
 

スポンサーリンク


幼なじみ・きり

真田丸で真田信繁の
幼なじみとして登場するきり。

 

きりとは
どのような人物だったのかを
探ってみます。

 

真田家臣・高梨内記の娘として、
史実に史料として残っている中に
采女(うめね)という女性がいます。

 

この采女は信繁の側室となり
二人の女の子を産んでいます。

 

このうち最初に産んだ女の子は
生まれて間もなく
亡くなってしまったとされます。

 

史料的にもこの程度しか残っておらず
この女性につきましては
それ以上詳しいことは
残念ながらわかりません。

 

高梨内記の娘ということ
NHKの登場人物紹介では
信繁に生涯寄り添う
と紹介されていることから
真田丸のきりは、この女性が
モデルではないかと考えられます。

 

父についても少々書きます。

 

父・高梨内記は、真田昌幸に仕え
生涯を共にします。

 

関ヶ原合戦後、真田家が
高野山へ追放され
九度山へ幽閉された時も
一緒だったようです。

 

昌幸が亡後は信繁に仕え
大坂の陣で討ち死にしました。

真田丸での、きりの活躍

では、真田丸本編における
きりを見ていきたいと思います。

 

きりは真田家臣・高梨内記の
娘として登場しています。

 

この点はモデルと思われる
史実の女性と同じです。

 

信繁の幼なじみとして描かれ
お互い気兼ねなく話し合うところからも
仲の深さがうかがえますね。

 

きりはひそかに信繁に対して
恋心を抱いておりますが
当の信繁は梅に夢中ですので
こと恋愛という意味合いにおいては
きりのことなど眼中にないようです。


スポンサーリンク


見ていると、きりは
強気な気性で元気のいい
活発な女性ですが
乙女な内面も垣間見ることができます。

 

父・高梨内記は
娘を真田家に嫁がせたく
まずは真田家に奉公させて
機会をうかがおうと考え
昌幸にきりのことを懇願します。

 

第5話で描かれている場面ですが
それを聞いた時のニヤッと笑う
きりの表情がなんともかわいらしいです。

 

信繁をめぐる、梅ときりの
女の戦いにも注目ですね。

きりを好演、長澤まさみ

真田丸で主人公・真田信繁の幼なじみ
「きり」を演じている長澤まさみさん。

 

言わずと知れた
人気女優さんですね。

 

きりは信繁に
ほのかな恋心を持っているものの
なかなか素直になれずにいます。

 

信繁に対して強くあたったり
恋仇のはずの梅を応援したりと
乙女心が揺れ動いてますね。

 

長澤さん、こういう難しい心情を
表現するの上手ですよね。

 

真田丸を見ていると、各人物とも
実にいい配役だなと思うのですが
長澤さんのきりは
特に合っていると感じます。

 

女優根性もすごくて
映画「世界の中心で愛を叫ぶ」では
役柄に徹するために
スキンヘッドになったりもしました。

 

本当に感心します。

 

お父様がサッカーの
元日本代表というのは有名ですが
勝負に対する意識の高さ
お父様から受け継いでいる
かもしれませんね。

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す