真田丸ゆかりの地【木曽福島城】木曽義昌の生き方と城の行方



 
戦国時代、木曽義康が築いた福島城。

この呼び名の城が
全国に複数存在するため
わかりやすく区別するために
地名の木曽を頭に付け
木曽福島城と呼ばれます。

木曽義昌も居城とした
この城は、別名
向城とも呼ばれる山城です。
 

スポンサーリンク


木曽福島城の誕生

元々は義康の父・義在が、
八沢川と木曽川とに挟まれた
上の段に築いた上之段城が
木曽福島城を築くきっかけです。

 

上之段城は義康、義昌も
居城とした時期がある城です。

 

武田家の信濃侵攻に備えるため
義康が木曽川の対岸に築いたのが
木曽福島城となります。

 

詰城の意味合い
作られたようですね。

 

上之段城の向いに立つ城
ということで、「向城」
とも呼ばれるわけですね。

 

というわけで、平常時は
上之段城が館として使われ
この山城は、詰城という具合に
使い分けられていたようです。

 

武田家に従えていた木曽家ですが
織田家が勢いを増し
武田を追いつめると
義昌は織田に内通します。

 

勝頼激怒ですね。

 

で、武田は木曽を攻め込みますが
織田の力を
味方につけた義昌は
これを迎撃し防衛します。

 

織田さまさまですね。

木曽義昌の通せんぼ

そんな織田家で
本能寺の変が起こりました。

 

義昌はこの混乱に乗じて
一時期、深志城に入ります。

 

が、しかし上杉景勝
攻め込まれた義昌は
すぐに木曽福島城に戻ります。

 

さて、真田丸における
木曽福島城と義昌でいいますと
神流川の戦いの後、滝川一益が
伊勢・長島に戻る道程で
通行止めを行うところが
あるかと思います。


スポンサーリンク


この時、史実でも
一益は義昌に
人質を引き渡す条件で
道を通っていますが
真田丸では、その人質の中に
真田信繁がいるみたいですね。

 

史実では、引き渡された人質は
小県の人質ということで
それが真田の人質をなのかは
よくわからないです。

 

ドラマの描き方って
おもしろいですね。

 

史実にフィクションを織り交ぜて
「もし」というような
お話を作れるのも
ドラマの見どころだと思います。

木曽福島城を訪れる

木曽福島城は、JR木曽福島駅から
木曽川を渡って、山中の
ハイキングコースを行けば
辿り着ける山城です。

 

木曽福島城の地図

 

代々、木曽氏が
おさめてきた城ですが
木曽義昌が豊臣秀吉の命により
関東移封になったことがきっかけで
城も廃城となりました。

 

残っているのは城跡となります。

 

この山中には、権現の滝という
観光スポットもあり
結構な瀑布のようで
山中に轟音を轟かせています。

 

切り立った岩崖も
その水の威力を
伝えているようですね。

 

このハイキングコース
滝の場所以外のところは
基本的には穏やかな
平坦コースが多いようで
いい汗をかきながら
登ることができそうです。

 

木々の間から木曽の町を一望できる
ロケーションにもなっており
城跡までの道のりも
楽しめるのではないでしょうか?

最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

この記事が気に入りましたら、いいねをお願いいたします。

Feedlyのフォローもお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す